港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

横浜市健康福祉局は、「健康経営」に取り組む事業所を審査して認証する制度「横浜健康経営認証」で、2019年の認証事業所を発表し、認証された市内199法人のうち、港北区の企業が大幅に増えて17社に達していました。

法人が「健康経営」へ取り組むメリットは大きい(「横浜市健康経営ハンドブック事例集」より)

横浜健康経営認証は、取り組み度合いによって三段階に分かれており、健康経営宣言などの明文化などを行っている法人に付与される「クラスA」をはじめ、クラスAの推進体制が整備されている法人向けの「クラスAA」、クラスAAの取り組み結果を評価し、次の取り組みにつなげている法人を対象とした最高ランクの「クラスAAA」まで設けられ、今年の認証は2019年4月から2年間有効となっています。

今回、港北区内に本社や支社などの事業所を置く法人のうち、昨年は最高ランクの「クラスAAA」となった法人はありませんでしたが、今年は新たに4社が認証を受け、「クラスAA」も3社から7社、「クラスA」は3社から6社に倍増していました。

港北区では、2017年9月から神奈川県内で初となる健康経営の支援拠点「新横浜ウエルネスセンター」が新横浜2丁目に設けられていることもあり、少しずつ区内法人のなかで健康経営への認識が高まりつつあるようです。

港北区内で「横浜健康経営認証2019」に認証された法人は次の通り。社名から公式サイトへリンクしています。

横浜健康経営認証2019(2019年4月~2021年3月)

<クラスAAA>

<クラスAA>

<クラスA>

【関連記事】

<新横浜2>全国的に珍しい「健康経営」支援拠点、セミナー参加や自己チェックもOK(2017年09月12日)

【参考リンク】

横浜健康経営認証2019認証事業所(横浜市健康福祉局)

横浜健康経営認証について(横浜市健康福祉局)

グーグルからの配信による広告