港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

新横浜3丁目の横浜アリーナ交差点にある「メットライフ新横浜ビル」に本社を置き、電子部品の製造・販売を行うエルナー株式会社(望月明彦社長)は、今年(2018年)12月26日付けで東京証券取引所第二部市場への株式上場が廃止となることを発表しました。

エルナー株式会社の公式サイト

エルナーは、1929(昭和4)年に品川区で創業して以来、80年以上にわたり、コンデンサーや車載用プリント回路といった電子部品の製造や販売事業を展開しており、2017年12月期の連結売上は270億円社員数は2555人。港北区内に本社を置く有力企業の一つとして知られます。

同社はこれまで資本業務提携の関係にあった電子部品メーカーで、「製品及び販路における補完関係が強い」(太陽誘電ニュースリリース)という東証一部上場の太陽誘電株式会社(東京都中央区)の子会社となることを今年2月に決定。

その後、2018年12月期第1四半期の連結決算で24億5700万円の特別損失を計上するなど、同社の経営環境は厳しさを増しており、「太陽誘電の完全子会社とすることが今後の事業展開のためには必要であると判断」(ニュースリリース)し、上場廃止となったものです。

キタムラ(カメラのキタムラ)も今年8月に上場を廃止した(写真は同社が本社を置く新横浜WNビル)

なお、新横浜に本社を置く企業では、「カメラのキタムラ」で知られる株式会社キタムラ(2丁目、新横浜WNビル7階)がカルチュア・コンビニエンス・クラブの傘下となったことにともない、今年8月に東証二部への上場を廃止しており、子会社化による新横浜企業の上場廃止が連続することになりました。

【関連記事】

新横浜駅ビル内に本社置く「富士通エレクトロニクス」、加賀電子の子会社化へ(2018年9月13日、上場企業ではないが、新横浜に本社を置く富士通傘下の電子部品商社も子会社化される)

新横浜2丁目が本社「カメラのキタムラ」、CCCが約30%の株式取得で筆頭株主に(2017年5月17日)

【参考リンク】

エルナー株式会社の公式サイト(新横浜3丁目)

株式会社キタムラ(カメラのキタムラ)(新横浜2丁目)

グーグルからの配信による広告