港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

港北ボランティアガイドは来月(2018年2月)15日(木)に「早春の大倉山尾根筋を巡る」と題し、大倉山記念館から梅林、師岡熊野神社など寺社や指定文化財をめぐるウォーキングツアーの参加者を今週木曜日(2月1日)まで募集しています。

2月15日(木)に行われるウォーキングツアー「早春の大倉山尾根筋を巡る」のチラシ(港北ボランティアガイドの公式サイトより)

このツアーは、当日9時30分に大倉山記念館前に集合し、大倉山公園梅林や大倉山2丁目の「龍松院」、大曽根台の「大乗寺」、師岡町の「法華寺」や「師岡熊野神社」などに加え、熊野神社市民の森にある「ちの池跡」や師岡町に近い鶴見区内にある「獅子ヶ谷横溝屋敷」など6キロの行程を半日で巡り、12時30分に港北区役所で解散するコースとなっています。

参加費は300円、2月1日(木)までに同ガイド公式サイトのフォームなどから事前申し込みが必要です。定員は60名で応募者多数の場合は抽選になるとのことです。

【参考リンク】

企画ツアー「早春の大倉山尾根筋を巡る」(2月15日実施、港北ボランティアガイド)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)