新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

港北区内の保育所申し込みが今月(2021年)10月12日(火)から始まりました。来年度の2022年4月に入園となる横浜市の認可保育所と小規模保育所(小規模保育事業)の利用申請は来月11月2日(火)(消印有効)が締切となっており、就労証明書などの書類と多数の記入が必要となるため、早めに準備が必要。また、新設園など募集人数が多くなる園もチェックしておきたいところです。

令和4年度4月(2022年4月)の申請書類は区役所や行政サービスコーナーで配布されているほか、区の案内ページからダウンロードも可能(港北区版「令和4年度 保育所等利用案内」より)

2022年度4月の入所申し込みに必要な申請書類などの一式「令和2年度利用案内・給付認定申請書等様式」は、港北区役所をはじめ、新横浜駅と日吉駅にある「行政サービスコーナー」のほか、「地域子育て支援拠点どろっぷ」(大倉山3)、「どろっぷサテライト」(綱島東3)で配布しているほか、港北区のサイト内からダウンロードも可能。

11月2日(火)までに申し込み書類一式を港北区役所へ郵送する必要があり、結果は来年1月下旬頃に通知を発送するとのことです。なお、保護者の就労状況などを判断する基準日は「9月30日」となっており、同日時点での状況で利用可否が判断されることになります。

来年4月の港北区南部エリアの認可保育所・小規模保育事業などにおける新規利用の見込数(2021年9月時点)(港北区の保育所案内ページより、資料を一部加工)

5月以降の利用となる「二次利用申請」は来年1月4日(火)から2月10日(木)までの期間に受付が行われます。

来年度、港北区南部エリアでは、大倉山駅に近い横浜保育室の「つばき駅前保育園」(大倉山1)が認可保育所へ移行するほか、岸根公園駅に近い「しのはら幼稚園」(篠原町)が認定こども園となる予定です。

【関連記事】

2022年春も複数園を新設、日吉・綱島の「認可保育所」はそれでも足りない(横浜日吉新聞、2021年9月15日、北部では保育所不足が続いている)

【参考リンク】

令和4年度(2022年度)4月保育所等の利用申請を希望する方へ(港北区、来年度の申し込み書類も)