新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

東海道新幹線の車内環境やチケット購入時の利便性が向上しそうです。JR東海は来月(2021年)10月1日(木)からパソコンなどでの仕事がしやすい環境を整えたビジネス向け車両を設けるほか、来年(2022年)春には、東海道・山陽新幹線の「エクスプレス予約・スマートEX予約」で予約したチケットをJR東日本の駅でも受け取れるようにする計画です。

JR東海による「S Work(エスワーク)車両」の案内ページ

パソコンなどを気兼ねなく使える車内環境は、「S Work(エスワーク)車両」と題し、10月1日から7号車に設定。車内で仕事を進めたい乗客のみを集めることで、パソコンでの作業だけでなく、携帯電話やWebミーティングの通話も認めていくといいます。

新型の「N700S(エス)」編成の7号車と8号車には、現在の無料Wi-Fiと比べ約2倍の通信容量を備えた新たな無料Wi-Fiサービス「S Wi-Fi for Biz」を提供し、膝上クッションや簡易衝立といったビジネスツールの貸し出し(新横浜~京都間)も行う予定。

来年春以降には、7号車と8号車間のデッキにある喫煙室を廃止し、打ち合わせなどで一時的に利用できる「ビジネスブース」も設置するとのことです。

新型の「N700S(エス)」編成(新横浜駅)

「S Work車両」は従来の指定席と同じ料金で利用でき、東海道・山陽新幹線の予約サービス「EX予約・スマートEX」でのみ販売しています。

また、来年春ごろには、JR東日本の「えきねっと」と、JR東海などの「エクスプレス予約・スマートEX予約」チケット相互受け取りを可能とする計画で、JR東日本エリアからの東海道新幹線利用時に利便性が大きく高まりそうです。

【関連記事】

新横浜駅では影の薄いJR東日本「えきねっと」、チケット受取は篠原口のみ対応(2018年3月23日)

【参考リンク】

東海道新幹線「S Work車両」の案内ページ(JR東海)

えきねっと・EXサービスで予約したきっぷの相互受取を開始しますPDF、2021年8月31日)