新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新横浜駅から名古屋駅まで「のぞみ」号で片道9300円――。新横浜駅などに支店を置くJR東海ツアーズは、のぞみ号を使った割安プラン「ぷらっとのぞみ」を来月(2020年)10月1日(木)出発分からインターネット上で販売を始めています。

JR東海ツアーズのサイトでは「ぷらっとこだま」に加え、「ぷらっとのぞみ」の販売も始まっている(販売サイトより)

東海道新幹線を使って静岡駅や名古屋駅、新大阪駅へ割安で利用できるプランとしては、「こだま」号に限定した「ぷらっとこだま」が広く知られ、新横浜から名古屋まで8300円、新大阪までなら1万600円(いずれも繁忙期は料金上乗せあり)と、一般的な乗車券類と比べて数千円安い価格で移動が可能です。

一方、各駅停車のこだま号は時間が大幅にかかるのが難点で、時間的に余裕のある場合にしか使いづらい面がありました。

「ぷらっとのぞみ」の通常期・普通車指定席プランの料金表(JR東海ツアーズの販売サイトより)

今回、のぞみ号でも割安な同様のプランが設定されたもので、たとえば、新横浜から名古屋までは9300円、京都へは1万1800円、新大阪までは1万2400円(いずれも通常期)という価格。新幹線回数券を使うよりも1200円から1500円程度安くなっています。

ただ、この「ぷらっとのぞみ」は、片道の交通機関にワンドリンクのサービスを付ける形で「旅行商品」として設定されており、出発の3日前までに予約が必要なことや、列車の変更ができないなどの制限が付けられており、販売席数も限定。また、現時点では来年(2021年)3月12日(金)出発分までの発売となっています。

それでも、のぞみ号利用時の割引がほとんどなかった東海道新幹線で、割安プランが設定されたことは、新型コロナ時代の大きな変化といえそうです。

【関連記事】

2020年お盆期間の「新幹線」予約は低調、7/21時点で前年の2割ほど(2020年7月27日、新型コロナウイルスの影響で利用者が減っている)

【参考リンク】

JR東海ツアーズ「ぷらっとこだま/ぷらっとのぞみ」の販売ページ(空席照会・予約サイト)