新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

一昨日(2020年)7月7日(火)時点での給付件数は6割に達しました。横浜市市民局は、国民1人あたり一律10万円を給付する「特別定額給付金」で、今週7日(火)の給付件数は対象者の60.9%であると公表しました。

横浜市における申請数や給付率の速報値(横浜市特別定額給付金のページより)

横浜市は日本最大の数となる約182万世帯へ特別定額給付金を振り込む予定となっており、7日までに郵送で約158万5000件オンラインで約9万7000件の合計約168万2000件(92.4%)の申請が行われているといいます。

給付対象となる約182万世帯に対する給付率は、7日時点で約110万9000件の60.9%となりました。

宛名に印字されている13桁の番号を入力することにより、個別の申請状況を照会することができる(13桁の番号は見本)(横浜市「特別定額給付金の申請状況照会」より)

給付金について市は、「早くて、受け付けてから3~4週間程度で振り込める予定」(市)だといい、申請書がどのように処理されているかの状況について、個別に照会できるページも設置。申請書の宛名に印字されているバーコード下の「13ケタの番号」を入力するだけで、「申請書の到着待ちです」「審査待ちです」「審査中です」「振込の依頼済です」などといった個別の状況が表示されます。

【関連記事】

横浜市民の「定額給付金」、6月末時点の給付件数は約40%を見込む(横浜日吉新聞、2020年6月30日)

<横浜市>10万円定額給付で、郵送用「申請書」は5/29(金)めどに発送(2020年5月14日)

【参考リンク】

横浜市特別定額給付金のページ(総合案内)

特別定額給付金の申請状況照会(宛名に印字されている13桁の番号が必要)