新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

今月(2020年)4月7日に神奈川県などの首都圏で外出の自粛を求める「緊急事態宣言」が出されて以降、新横浜ではホテルの臨時休業も相次いでおり、今月4月27日(月)からは新横浜で最大規模となる「新横浜プリンスホテル」(876室)も5月31日(日)までの休業を決めました。

新横浜の街と「新横浜プリンスホテル」(右側)

新横浜では、4月7日(火)に「東横イン」の本館(105室)(至近にある「別館」は営業中)が閉まったことを皮切りに、4月8日(水)にはホテル・結婚式場の「ラグナスイート新横浜」(70室)も休業を決定。

4月13日(月)には「スーパーホテル新横浜」(252室)や「新横浜国際ホテル」(199室)も臨時休業に入っています。

そして、このほど新横浜プリンスホテルも4月27日(月)から5月31日(日)までの休業を決定したもので、緊急事態宣言に基づく対応だといいます。

開業日を延期した「ベストウェスタンホテルフィーノ新横浜」、左隣は休業中の東横イン新横浜駅前本館。右隣には新横浜SKホテルがある(4月19日)

このほか新横浜のホテルでは、アリーナ通りとスタジアム通りが交差する新横浜2丁目中央交差点で、5月1日(金)にオープン予定だった「ベストウェスタンホテルフィーノ新横浜」(108室)についても開業日を延期することを発表し、現時点(4月21日)ではすべての日が「満室」となっており、予約ができない状態です。

一方、新横浜ラーメン博物館の隣接地で建設工事が行われている「ホテルリブマックス新横浜」は現時点で6月にオープン予定としています。

また、営業を続けているホテルでは、「新横浜フジビューホテル スパ&レジデンス」(274室)や「ダイワロイネットホテル新横浜」(163室)、「コートホテル新横浜」(136室)、「新横浜グレイスホテル」(80室)などで、テレワーク中の業務場所としての活用を意識した「デイユースプラン」も販売中です。

<新横浜のホテル一覧>

【関連記事】

<港北区・周辺地域>イベントの中止・延期、施設の休業状況一覧(随時更新中)

緊急事態宣言で休業となる新横浜など「港北区南部」の店舗や施設一覧(随時更新中)