新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

東京2020オリンピックの男子サッカー競技で、選手入場時の演出に登場する横浜市内在住の小学生22人を募集しています。

横浜市による「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」の参加者募集を案内するチラシ(ニュースリリースより)

横浜市市民局は、日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で今年(2020年)7月29日(水)の17時30分から行われる男子サッカーの第2試合(対戦カード未定)で、「エスコートキッズ」と呼ばれる選手入場時に手をつないで登場する小学生の募集を今月1月20日から始めました。

対象は、申込時に市内に在住し、2008(平成20)年4月2日から2014(平成26)年4月1日までに生まれた子どもで、22人を募集。活動時間はおおむね15分程度ですが、事前説明やリハーサルを行うため、試合の数時間前に集合予定となっています。

また、当日は保護者による同伴と、子どものマイナンバーカードやパスポートといった本人確認書類なども必要となります。

応募はインターネット上から2月7日(金)まで行われ、3月下旬までに当選者のみに連絡が来るとのこと。なお、当選者は親子ペアチケットがプレゼントされます。

【関連記事】

<2020五輪のサッカー競技>日産スタジアム「男子決勝戦」は23時30分に終了予定(2019年4月18日、男女サッカーの試合日程について)

【参考リンク】

「東京2020みんなのエスコートキッズプロジェクト」エスコートキッズを募集します(東京2020オリンピック・パラリンピック横浜市ウェブサイト)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介