新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

駅ビル「キュービックプラザ新横浜」は、新幹線の高架下に22店が軒を連ねる飲食街「ぐるめストリート」で、お好み焼きやそば、ハンバーガーを提供する3店舗が今月(2020年)1月13日(月・祝)付けで閉店となることを発表しました。

「バーガーキング」(写真左)の正面では「千房」(写真右)が営業している

今回閉店するのは、関西を中心に全国展開するお好み焼チェーンの「千房(ちぼう)新横浜支店」と、首都圏チェーンの「そば茶屋小諸(こもろ)新横浜店」、米国発祥ハンバーガーチェーンの「バーガーキングキュービックプラザ新横浜店」の3店。

いずれも2012年10月のオープンで、キュービックプラザの別館をぐるめストリートに名を変えたリニューアル時に進出しています。

“お好み焼き屋”というより「お好み焼きレストラン」といった雰囲気の「千房」

千房大阪発祥のお好み焼きを中心としたレストランで、おおむね1000円台のお好み焼きメニューを中心に、焼きそばなどの鉄板を使った料理や酒類を提供。

そば茶屋小諸は、東京都内を中心に展開するリーズナブルな“小諸そばチェーン”とは雰囲気やメニューが異なる専門店業態で、同チェーンにとって神奈川県での初店舗でした。

都内の中心部でよく見かけるセルフ的な「小諸そば」とは違い、フルサービスのそば専門店となっている「そば茶屋小諸」

一方、バーガーキングは、1993(平成5)年に日本へ進出した米国発祥のハンバーガーチェーンで、2017年からは運営母体が変更となり、ブランド再構築が進められている最中。昨年(2019年)8月には港北区内の2店舗目として綱島駅前に新規出店したばかりでした。

ぐるめストリートでは、2017年春に6店が新規オープンして以降、大きな変化がなかっただけに、2020年はテナントが入れ替わる年となりそうです。

【関連記事】

新横浜駅・高架下ぐるストに6つの新店舗、「かつや」などが3月末までに開店(2017年2月10日、同年には6店舗が新規オープンしている)

【参考リンク】

ぐるめストリート内一部店舗閉店のお知らせ(キュービックプラザ新横浜)

お好み焼 千房(ちぼう)新横浜支店(1月13日閉店)

そば茶屋 小諸 新横浜店(1月13日閉店)

バーガーキング キュービックプラザ新横浜店(1月13日閉店)