新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

最後も“強いマリノス”で締めくくりました。J1リーグ1位の横浜F・マリノスは、今月(2019年)12月7日(土)に本拠地の日産スタジアムでシーズン最終戦に臨み、リーグ2位のFC東京に3対0で完勝し、2004年以来15年ぶりとなるリーグ優勝を決めました。

真冬並みの気温で小雨が降るなかリーグ戦最多となる6万3854人の観衆を集めた日産スタジアム

横浜で初雪を観測する真冬並みの気候で、かつ試合前には冷たい小雨が降り続くなかでも、6万3854人の観衆を集めた日産スタジアム。2013年11月末にF・マリノスが記録したリーグ最多観客数の6万2632人を更新することになりました。

4点差以上で勝利しない限り逆転優勝ができないFC東京と、ともにイエローカードが1枚ずつ出される激しいぶつかり合いで始まった試合は、前半26分にタイ出身で今年期限付き移籍で加入したティーラトン選手がミドルシュートを決めてF・マリノスが先制。

先制ゴールを決めたティーラトン選手(右2人目)とともに喜ぶ仲川選手(左)ら

前半終了直前の44分には、ブラジル出身で8月に加入したばかりのエリキ選手が今シーズン8得点目を決めて2対0で前半を終えました

後半は22分、今年加入したF・マリノスの守護神、ゴールキーパーのパク・イルギュ(朴一圭)選手が相手選手との接触プレーによるレッドカードで一発退場になるアクシデントに見舞われ、10人で戦うことになったものの、攻め続ける姿勢は不変。

キーパーのパク選手(左3人目)にレッドカードが出され、10人となるピンチもあった

後半32分には、横浜市旭区出身で東京2020オリンピックでの活躍が期待される23歳・遠藤渓太選手がドリブルで突破して3点目を奪取。3対0でそのまま逃げ切ってFC東京を下し、2004年に岡田武史監督が2連覇を果たして以来のリーグ優勝を決めました。

今年2月23日に始まったF・マリノスの2019年シーズンは、22勝4分け8敗勝点は70、得失点が30という成績。2位のFC東京の勝点64、得失点17をいずれも上回って終えました。

優勝が決まりベンチからピッチに飛び出すF・マリノスの選手ら

F・マリノスは、8月17日に日産スタジアムでセレッソ大阪に2対1で敗れ、以降はラグビーワールドカップ(W杯)開催の影響で、重要なリーグ後半戦に日産スタジアムが使えなくなるという今年ならではのハンディを背負いました。

しかし、その後の試合を9勝1分けという圧倒的な強さを見せてリーグ制覇をたぐり寄せたのは見事。

FC東京ファンも多数詰め掛けたが逆転優勝は叶わなかった

一方、FC東京もF・マリノスと同様に、本拠地である「味の素スタジアム(東京スタジアム)」がラグビーW杯の主要会場となり、8月後半以降はアウェー8連戦という変則日程に。

敵地連戦を5勝2分け3敗で乗り切ったものの、ホームに戻ってからの2連戦を勝ちきれず、最終戦もF・マリノスに完敗して2位に終わりました。

リーグの得点王を分け合った仲川選手(左)とジュニオール選手

F・マリノス2年目となったアンジェ・ポステコグルー監督“攻撃的サッカー”を体現するかのように、リーグ得点王の座をマルコス・ジュニオール選手(今年加入)と仲川輝人選手(期限付き移籍から2018年復帰)が15点ずつで分け合う結果。

また、この日も活躍したティーラトン選手やエリキ選手、ゴールを守り続けてきたパク・イルギュ選手ら多くの新戦力も加わり、昨年の12位から一転、15年ぶりのリーグ制覇となったものです。

F・マリノスの2020年はアジア制覇とリーグ連覇を狙うことになる

なお、F・マリノスがリーグ優勝したことで、韓国や中国、中東などアジア各国のクラブチームの頂点を決める「AFCチャンピオンズリーグ(アジア・チャンピオンズリーグ=ACL)2020」に2014年以来となる出場が決まりました。

2019年シーズンをリーグ優勝という最高の形で終えたF・マリノス。最終戦当日の日産スタジアム内外の模様を写真でご紹介します。

朝から雨模様で真冬並みの気温だったが、試合開始の3時間以上前から次々とサポーターが訪れた

ビジター側の南スタンドも極限まで「緩衝地帯」が減らされてホーム側自由席に

試合序盤は4点差での勝利を狙うFC東京と激しくぶつかり合う

前半26分、ティーラトン選手のシュートが相手ゴールに突き刺さり、先制点をあげた

前半終了直前の44分にはエリキ選手もゴールを決めて2対0で折り返す

1人少ない10人で戦う後半32分には遠藤選手(背番号11)がドリブルで突破して3点目を奪い、F・マリノスのサポーターとともに喜ぶ

優勝インタビューでキャプテンの喜田拓也選手が流した涙が印象的

優勝を祝う横断幕とともに、この日で引退するマリノス一筋の栗原勇蔵選手に対する「ありがとう」のメッセージも

優勝シャーレを手にピッチ上で記念撮影

笑顔で場内を一周する選手ら

ポステコグルー監督は3年目となる来年2020年も指揮を執り、さらなる高みを目指す

【関連記事】

<F・マリノス>15年ぶり優勝へ日産で最終戦、12/7(土)はチケット完売状態(2019年12月3日)

<優勝争うマリノス>12/7(土)日産最終戦は満員も、座席を追加発売(2019年11月14日)

<マリノス>ラグビーW杯の影響で日産スタジアム開催は2試合減、変則日程も(2019年1月25日、今シーズンの試合日程について)

【参考リンク】

横浜F・マリノスの公式サイト

J1リーグ順位表(Jリーグ)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介