港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

法人サポーター会員による提供記事です】新元号も発表、新しいスタートの季節に、人間ドックのネット予約枠の拡大でより利用しやすく――。

昨年(2018年)12月で開設3周年を迎えた「新横浜メディカルサテライト」。地域にも密着し、新横浜周辺の受診者が大幅に増えてきているという(同院公式サイトより)

昨年(2018年)12月で開設3周年を迎えた「新横浜メディカルサテライト」。地域にも密着し、新横浜周辺の受診者が大幅に増えてきているという(同院公式サイトより)

地下鉄ブルーライン新横浜駅の8番出口からすぐ、JR新横浜駅北口から徒歩6分の場所で受診できる「新横浜メディカルサテライト」(新横浜2、社会医療法人社団三思会=厚木市)では、人間ドックのインターネット予約が好調なことから、この4月より新たにネット受付枠を拡大。コース内容も分かりやすく6コースに厳選・集約しての受付を行っています。

昨年(2018年)12月で満3周年を迎えた同院では、人間ドックや健康診断の受診者が毎年増加しており、「最近では、予約がすぐに埋まってしまうケースが多くなり、インターネット経由で受付する各コースで2枠ずつ、枠を増やしました」と、同院の営業担当・三岳(みつたけ)弘さん

ネット予約枠の拡大と、人間ドックのネット予約を6つのコースに集約したことにより、「よりインターネットからも利用いただきやすくなりました」と、営業担当の三岳(みつたけ)弘さん。消費増税が予想される10月より前の受診問い合わせも激増しているという

ネット予約枠の拡大と、人間ドックのネット予約を6つのコースに集約したことにより、「よりインターネットからも利用いただきやすくなりました」と、営業担当の三岳(みつたけ)弘さん。消費増税が予想される10月より前の受診問い合わせも激増しているという

特に注目してもらいたいのが、人間ドックに、頭部CTや胸部CT、腹部CTなど加えた充実プランとして設定した「エグゼクティブ・人間ドックプレミアム」(料金 9万円、価格はいずれも税込)コースとのこと。

MCIスクリーニング検査(認知症の前段階である軽度認知障害のリスクを早期に判定するための血液検査)などのオプションも付いており、予想以上の早さで予約が急増しているといいます。

女性には、「女性専用・人間ドックプレミアム・婦人科フル・腫瘍・甲状腺」(7万3440円、火曜以外受付)が好評を博しており、こちらはマンモグラフィ子宮頚部(けいぶ)細胞診、女性に多いと言われる甲状腺の病気をチェックするための甲状腺ホルモン検査もコースに組み込まれています。

婦人科の医師はもちろん、技師も女性が担当しており、女性特有の検査項目も充実させているので、特におすすめといえます」と三岳さん。

同院の中央部にある広めの待合スペース。ここを中心に、ワンフロアに全ての検査室や診察室が配されているので、移動距離も短く受診しやすい構造となっている

同院の中央部にある広めの待合スペース。ここを中心に、ワンフロアに全ての検査室や診察室が配されているので、移動距離も短く受診しやすい構造となっている

検査項目別では、「内視鏡検査(胃カメラ)が好評で、すぐに予約がいっぱいになります。そのため、この春より設備を整え、予約枠を拡大しましたので、この機会にぜひご予約をおすすめします」とのこと。

三岳さんは、「より分かりやすく受診していただくために、ネット予約を6つのコースに集約しました。オプションでの検査についても、“何を検査したらよいか”とよく質問されることもあり、血液検査で行う腫瘍(しゅよう)マーカーセットや、アレルギー検査といったオプションプランを提案させていただくことも。割引キャンペーンを行っているものもあるので、ぜひ詳細はお問い合わせください」と、同院では、人間ドックや健康診断にプラスしてのオプション検査についての利用も広く呼び掛けています。

新横浜メディカルサテライトは、新横浜駅前の宮内新横浜線沿い、地下鉄ブルーライン新横浜駅の8番出口の上、JR新横浜駅北口より徒歩6分の金子第一ビル4階にある。ローソンクオール薬局港北新横浜二丁目店(右)と、HUB新横浜店(中央付近)の間にビルの入口がある

新横浜メディカルサテライトは、新横浜駅前の宮内新横浜線沿い、地下鉄ブルーライン新横浜駅の8番出口の上、JR新横浜駅北口より徒歩6分の金子第一ビル4階にある。ローソンクオール薬局港北新横浜二丁目店(右)と、HUB新横浜店(中央付近)の間にビルの入口がある

なお、横浜市国民健康保険加入者を対象とした「特定健康診査(特定健診)」の受診者に対しても、「無料での検査項目のほか、人間ドックで好評のオプションをプラスした割引価格でのコースも計画しています」と、特定健診オプション検査の受診も歓迎しているとのこと。

人間ドックの予約は、ネット上では平日のみ受け付けていますが、「今月末からの大型連休では、当院は4月29日(月)と30日(火)は、人間ドックや健康診断でのご利用をいただけるよう調整しています。特に、法人・団体の皆さんのご予約は、お電話でお問い合わせください」(三岳さん)と、同院は、これからもより新横浜周辺エリアに根差し、予約の利便性においてもより柔軟に対応できるサービスを展開していく意向です。

【関連記事】

オフィスビル立地の新横浜メディカル、迷わず新横浜駅からたどり着く方法(2018年11月27日)

<新横浜メディカル>人間ドック後の“選べる”ランチ、駅ビル内2店と新たに提携(2018年9月12日)

新横浜メディカルが2周年、認知症リスクチェックや女性のみ受診日の新設も(2018年2月3日)

新横浜メディカルが健保連の日帰り人間ドック施設に認定、秋のオプション割引も(2017年11月7日)

【参考リンク】

新横浜メディカルサテライトの公式サイト(社会医療法人社団三思会)

新横浜メディカルサテライトへのアクセス(同院のサイト)※地下鉄新横浜駅8番出口すぐ

法人サポーター会員:新横浜メディカルサテライト~社会医療法人社団三思会提供)

グーグルからの配信による広告