港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

1月29日(火)の15時からアリーナ通りのビル「WISE NEXT新横浜」の5階にある株式会社エー・エス・ディで行われる「ココロのバリアフリー計画」説明会のチラシ(主催者提供)

少しの段差よりも「心」のバリアフリーを――。車いすやベビーカー、歩くのが不自由な人に対して、心を込めた接客やサポートをしてもらうための「ココロのバリアフリー計画」を新横浜で始めるにあたり、あす(2019年1月)29日(火)の15時から新横浜2丁目で説明会が行われます。

「ココロのバリアフリー計画」は、事故により車いす生活となった池田君江さんが理事長をつとめる「NPO法人ココロのバリアフリー計画」(東京都世田谷区)が全国各地で展開する運動。

新横浜では情報サービス会社の株式会社エー・エス・ディ(新横浜2、内山岳彦社長)が事務局をつとめ、新横浜町内会(金子清隆会長)が後援する形で実行委員会を組成し、新横浜エリアの店舗や施設、事務所などへ浸透を図っていく予定です。

この計画は、スロープや昇降機といった構造上のバリアフリーだけにこだわらないのが特徴で、「建物の構造の全てがバリアフリーに整っていなくても、周りの少しのココロがあればバリアフリーを超える素敵なお店や場所になります」(同NPO法人)との考え方を広めていこうというもの。

1月29日(火)に開かれる「ココロのバリアフリー計画」説明会の詳細について(主催者提供)

賛同する「応援加盟店」は、入口幅やトイレ幅といった事前チェック項目に記入し、2000円の加盟料を支払って、店頭などにステッカーを貼ることで、車いすやベビーカーなどでも出掛けやすい社会の実現を目指していくといいます。また、加盟店は同NPOのサイト上から検索ができるようになります。

あす29日(火)の説明会は、新横浜における「ココロのバリアフリー計画」についてNPO法人代表の池田君江さんが説明するほか、車いす体験会も開かれる予定で、15時から16時30分まで新横浜2丁目のアリーナ通りにある新横浜駅前郵便局のビル「WISE NEXT新横浜」の5階で行われます。参加希望者はFAXかメールで株式会社エー・エス・ディへ。

【参考リンク】

NPO法人ココロのバリアフリー計画

グーグルからの配信による広告