港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

新横浜の企業2社が連携し、人工知能(AI)を使った画像・映像解析ソリューションのパッケージ提供がこのほど始まりました。

アクロクエストテクノロジーが本社を置く「友泉新横浜ビル」。1階に「スターバックス新横浜3丁目店」があり、イノテックビルに隣接

連携するのは、新横浜3丁目のアリーナ通りにある14階建ての本社ビルでも知られる東証1部上場企業のイノテック(小野敏彦社長)と、同じく3丁目の友泉新横浜ビルに本社を置くアクロクエストテクノロジー(新免流社長)の2社。

イノテックは、台湾に本社を置くQNAP(キューナップ)社の日本国内1次代理店として、「QNAP NAS(キューナップ・ナス)」というネットワーク接続ハードディスクを取り扱っています。

一方、アクロクエストテクノロジーは、自社で「Torrentio Video(トレンティオ・ビデオ)」という画像・動画をAIで高速に解析できるソリューションを展開。

ネットワーク接続ハードディスク「QNAP NAS(キューナップ・ナス)」(真中)上に画像や動画をAIで高速に解析できるソリューションを置く(アクロクエストテクノロジーのニュースリリースより)

今回、イノテックが取り扱う「QNAP NAS(キューナップ・ナス)」上に、アクロクエストテクノロジーの「Torrentio Video(トレンティオ・ビデオ)」を稼働させる環境を構築してパッケージ化。これにより、ネットワークカメラなどの画像や映像をリアルタイムで蓄積・解析ができ、物体検知や物体識別などのAI処理が即導入できるようになるといいます。

今回のパッケージを導入することで、人の“目”の代わりに、特定の物体検出や異常検知ができるようになり、業務の自動化や効率化が行えるとのことです。

【関連記事】

乳幼児の事故防止へ「呼吸見守りセンサー」、新横浜企業のコラボで開発・販売(2017年11月30日、パルテックとリキッド・デザイン・システムズが連携)

【参考リンク】

イノテック・アクロクエストテクノロジー、QNAP NASとTorrentio Videoを利用した画像・映像解析AIソリューションのパッケージ提供で連携(アクロクエストテクノロジー、2018年11月14日)

グーグルからの配信による広告