港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

晩秋恒例のイベントは三連休の初日に開かれます。今年で4回目を迎える横浜アリーナの地域イベント「秋のヨコアリくんまつり」は来週(2018年11月)23日(金・祝)に行われます。

2015年に始まった同イベントは、回を重ねるごとに規模が拡大しつつあり、今年も2階のセンテニアホールと東・北ロビーを会場にさまざまな催しが予定されています。

11月23日(金・祝)に行われる「秋のヨコアリくんまつり」の特設サイトも公開中

昨年に続いて港北区との共催とし、「ミズキーといっしょにあそぼう」や「絵本のひろば」、「紙しばいコーナー」、「港北消防署ブース」などを設置。地元との連携では、横浜デジタルアーツ専門学校(新横浜3)と「ヨコアリくん〇×クイズ大会」の開催や「ゲームブース」も設置。大豆戸町を中心に活動するサッカークラブ「大豆戸FC」は体験ブースを出店します。新横浜2丁目に本社を置くベビー・キッズ用品の輸入販売企業である株式会社ダッドウェイは、キックスクーターの親子体験会を実施。神奈川県の本部を新横浜2丁目に置くパルシステムは、キャラクター「こんせんくん」のぬりえコーナーを設けます。

今年ならではの催しとしては、ラグビーの応援ブース設置やアフリカ音楽のパフォーマンスが行われるほか、来年4月に横浜アリーナ巡業が予定されていることもあり、相撲コーナーも設置。NHK Eテレ番組でもおなじみの生山ヒジキさんを招いた「なわとびパフォーマンスショー&なわとび教室」も予定されています。

新横浜を経由して東急線へ乗り入れる相鉄の新型車両とキャラクター「そうにゃん」(2018年1月)

また、2023年3月までに新横浜への乗り入れが予定されている相模鉄道(相鉄)が初出店し、同社のキャラクター「そうにゃん」も登場予定。横浜アリーナの親会社である西武鉄道も昨年に続きフォトブースを設けます。

秋のヨコアリくんまつりへの入場は無料、開催時間は10時から16時まで。来場者には、横浜アリーナの株主でもあるキリンから製品のプレゼントも行われます。

なお、当日は10時から17時まで、横浜アリーナのホールで大型の販売イベント「RDIレナウンファミリーセール」が予定されており、子ども服を含めた衣類や雑貨が販売されるほか、「諸国うまいもの市」と題して多数の食品ブースも設けられます。同セールへの入場を希望する場合は、PDFのチラシを印刷するか、スマートフォンに表示する必要があるとのことです。

【参考リンク】

11月23日(金・祝)開催「秋のヨコアリくんまつり2018」の公式サイト

11月22日(木)~23日(金・祝)開催「RDIレナウンファミリーセール」の詳細案内・入場券PDF

グーグルからの配信による広告