港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

1994年に開館した新横浜ラーメン博物館の原点的な店舗ともいえる札幌ラーメンの「すみれ」が今年(2018年)12月2日(日)をもって“卒業(閉店)”することを同館が発表しました。

ラーメン博物館の地下1階のレトロな“街並み”にある「すみれ」は行列が絶えない

札幌味噌ラーメンの著名店である「すみれ」は、1994年3月の開館時から存在していた人気店で、10年半後の2004年10月にはいったん“卒業”したものの、2012年8月に復活。現在も行列が絶えないラーメン店として広く知られています。

同店の誘致にあたっては、岩岡洋志館長が約3年かけて50回以上にわたって札幌へ通い続けたといい、「周りからはそんな非効率なことをと言われましたが、私自身はこのことがあったからこそ、今もこうして『新横浜ラーメン博物館』が存在しているのだと思います」(主婦の友新書『ラーメンがなくなる日』)と自著に書き残すほど、思い入れの深い店舗。

こうした思いに応えた「すみれ」の経営者である村中さん一家は、元祖店といえる「らーめんの駅」(2009年~2012年)の出店も含め、ラーメン博物館の象徴的な店舗として運営を続けてきました。

過去に復活した歴史があるとはいえ、12月以降には同館ですみれのラーメンを食せなくなるため、観光客だけでなく、新横浜周辺の常連客にも大きな影響を与えそうです。

【関連記事】

ラーメン博物館、米NY発の次はカナダ・トロント発の「鶏白湯ラーメン」が出店(2018年9月4日、近く新たな店舗もオープン予定)

「ラー博」を象徴する新店舗、海の外から海を感じさせる2つの“郷土ラーメン”(2017年3月27日、ラーメン博物館の歴史についても)

【参考リンク】

札幌「すみれ」2018年12月2日(日)ラー博卒業(新横浜ラーメン博物館)

「すみれ」の歴史(有限会社すみれ)

グーグルからの配信による広告