港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
日産スタジアム

横浜市は日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の芝生張り替えについて、今月(2018年6月)26日(火)から30日(土)までの5日間の予定で行うと発表しました。

日産スタジアムに導入される「ハイブリッド芝」の構造イメージ(横浜市のニュースリリースより)

今回張り替える芝は、天然芝と人工芝を組み合わせて育成した「ハイブリッド芝」と呼ばれる耐久性が強いもので、ラグビーのような激しい動きをするスポーツに適していると言われています。来年(2019年)の「ラグビーワールドカップ」の開催に合わせ、国際競技団体であるワールドラグビーなどが導入を求めたものとみられます。

県外の畑で育成したハイブリッド芝を切り出して日産スタジアムまで運搬して張り替える計画で、7月28日(土)に行われる横浜F・マリノスと清水エスパルスの一戦から新たな芝で試合が行われることになります。

【関連記事】

<日産スタジアム改修>W杯対応へ今年度だけで83億円、「ピッチレベル観客席」実験も(2017年10月5日)

グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧