港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

川崎鶴見臨港バス(臨港バス)と京浜急行バス(京急バス)は、共同運行している新横浜から羽田空港への高速バス「新横浜羽田空港線」について、来月(2017年4月)1日(土)から「横浜北線(きたせん)」経由にルートを変更するとともに、所要時間を3分から5分短縮を図ると発表しました。

きたせんの開通初日に新横浜出入口から「走り初め」を行う京急バス

きたせんの開通初日の3月18日に新横浜出入口から「走り初め」を行う京急バス

新横浜羽田空港線は、新横浜プリンスホテルから新横浜駅を経由して羽田空港までを結ぶ高速バスで、1日あたり羽田空港行を42本、新横浜方面行46本(うち2本は深夜バス)を運行。現在は主に首都高速道路の三ツ沢出入口から「湾岸線」などを経由し、新横浜プリンスホテルから羽田空港国際線ターミナルまでは55分から57分程度で運行しています。

4月1日からきたせん経由とすることで、所要時間は52分程度に短縮される見込みです。これにともない、新横浜プリンスホテルと新横浜駅の発着時刻が変更となります。

【関連記事】

「きたせん」はきょう3/18(土)16時に開通、新横浜から空港中央まで990円(2017年3月18日)

<きたせん>2020年五輪時に「東名高速」と直結した時が“真の開通”(2017年3月20日)

【参考リンク】

羽田空港発着路線の一部ルート変更およびダイヤ改正について(臨港バス、2017年3月24日)

新横浜羽田空港線の時刻表など案内(臨港バス)

羽田空港 ⇔ 新横浜駅・新横浜プリンスホテルの時刻表(京急バス)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)