港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

横浜七福神巡りマップ(こうほく区民施設協会サイトより)

横浜七福神巡りマップ(こうほく区民施設協会サイトより)※クリックで拡大

2017年の幕開けは温かい好天で始まりました。今年は、港北区内の由緒ある寺を訪ねる「横浜七福神」巡りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。妙蓮寺駅近くにある「菊名池辯財天(べんざいてん)」または、市営地下鉄グリーンラインの高田駅近くの「興禅寺(こうぜんじ)」から徒歩または電車で7つの寺を巡れば、健康にもいいですし、1日ですべてまわれます。すべて訪れれば、これまでにない御利益(ごりやく)がありそうです。

横浜七福神は1965(昭和40)年に横浜市内では最初に制定されたため、「横浜」の七福神という名が付いていますが、すべて港北区内のお寺にあり、比較的公共交通の便も良いため、容易に参拝が可能です。

新横浜駅の篠原口から徒歩3分の地にある「正覚院」

新横浜駅の篠原口から徒歩3分の地にある「正覚院」

菊名池辯財天(菊名2=妙蓮寺駅近く)をスタート地とする場合、東急東横線で1駅、菊名駅東口近くの「蓮勝寺」(菊名5=菊名駅東口から徒歩4分)を参拝。続いてJR横浜線で1駅、新横浜駅では篠原口から徒歩3分の「正覚院(しょうがくいん=大豆戸町1160)へ。

p170102p004

新羽駅近くにある「西方寺」は境内が広い

次は地下鉄ブルーラインで2駅、新羽駅で下車。駅徒歩5分の「西方寺」(新羽町2586)を参拝。天気が良ければ、西方寺の芝生が敷かれた境内で昼食をいただくのもいいかもしれません。

新羽駅から東急バス(綱72または綱74)に乗り綱島駅東口へ。駅西口近くの「東照寺」(綱島西1)の参拝後は、再び東急バス(綱44~45や綱48~50など)で高田駅前下車。坂道を上って「興禅寺」(高田町1799、駅徒歩約11分)へ。七つの寺では、ここが少し疲れる場所かもしれません。

p170102p002

高田駅から徒歩13分の地にある「興禅寺」

高田駅からはグリーンラインで1駅、日吉本町駅から徒歩5分ほどの「金蔵寺(こんぞうじ)」(日吉本町2)でゴールとなります。日吉や綱島エリアからは逆回りも可能です。

七福神めぐり用の色紙(500円)を手に入れ、各寺で御朱印(300円)を集めてまわるのも楽しいかもしれません。特に年始は、元日から7日(土)までは御開帳期間となっているため、お薦めです。

なお、七福神に近い場所には、菊名神社や高田天満宮、新羽杉山神社などの著名神社もあるため、同時に巡ってもいいかもしれません。

横浜七福神の一覧

※寺名部分のリンクは公式サイトまたは東急電鉄「とくらく」サイト、住所部分はグーグルマップ

<妙蓮寺駅>菊名池辯財天菊名1=妙蓮寺駅から徒歩5分)

<菊名駅東口>蓮勝寺菊名5=菊名駅東口から徒歩4分)

<新横浜駅篠原口>正覚院大豆戸町1160=新横浜駅篠原口から徒歩3分)

七福神めぐり用の色紙や朱印帖に各寺で御朱印をいただくのも楽しい(西方寺)

七福神めぐり用の色紙や朱印帖に各寺で御朱印をいただくのも楽しい(西方寺)

<新羽駅>西方寺新羽町2586、新羽駅から徒歩5分)

<綱島駅西口>東照寺綱島西1、綱島駅西口から徒歩6分)

<高田駅>興禅寺高田町1799、高田駅から徒歩11分)

<日吉本町駅>金蔵寺日吉本町2、日吉本町駅から徒歩5分)

【関連記事】

<2017年元旦>日吉・綱島・高田エリアの「初もうで」スポットまとめ(2016年12月31日)※横浜日吉新聞

<2017年元旦>新横浜・菊名・新羽・小机・大倉山エリアの「初もうで」スポット(2016年12月31日)

【参考リンク】

横浜七福神めぐりマップ(こうほく区民施設協会=モデルコースあり)

横浜七福神の巡り方(西方寺)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)