新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

横浜市はきょう(2020年)3月7日(土)、師岡町の大型商業施設「トレッサ横浜」の北棟4階から7階にあるスポーツクラブ「セントラルウェルネスクラブトレッサ(大倉山)」の利用者に対し、「37.5℃以上の発熱及び咳などの呼吸器症状がある市民の方は、横浜市帰国者・接触者相談センターに御連絡ください」などと呼びかけています。(2020年3月7日12時20分記事公開、同12時30分情報追加、3月11日23時10分リンク追加)

横浜市の発表ページ(2020年3月7日、12時現在)

「セントラルウェルネスクラブトレッサ(大倉山)」の発表によると、きのう3月6日(金)に港北区福祉保健センターからの連絡により、新型コロナウイルス感染症と診断された客以下の時間帯に利用していたといいます。

  • 2月25日(火):15:00~17:30ごろ
  • 2月26日(水):13:30~16:00ごろ
  • 2月27日(木):17:00~18:00ごろ
  • 2月29日():15:00~17:30ごろ
  • 3月1日():16:30~19:30ごろ

同店では、「当社といたしましては保健センターの指導のもと対応をすすめております。3月15日(日)まで臨時休業を延長させていただき保健センターの指示に加え館内の清掃・消毒を行います」と発表しました。なお、キッズスクールは利用エリアが異なるため、保健センターの指導対象にはなっていないとのことです。

また、トレッサ横浜は「お客さまへのお知らせ」として、「セントラルウェルネスクラブを除く他の店舗につきましては、営業継続には問題なしとの見解を行政から頂いております。トレッサ横浜では、行政のご指導の下、今まで以上に館内清掃・消毒、従業員の健康管理等を強化してまいります」と3月7日に発表しました。

なお、新型コロナウイルスに関する一般的な問い合わせに応じる横浜市の「コールセンター」の電話番号は045-550-5530(9時~21時)。

感染が疑われる場合に相談を受け付ける「帰国者・接触者相談センター」045-664-7761(9時~21時)。

上記電話の受付時間外で「新型コロナウイルス感染症と確定した患者と濃厚接触歴があり、発熱または咳などの呼吸器症状がある」などの場合は、港北区の福祉保健センター(045-540-2323)へ。

【関連記事】

<新型コロナ>トレッサ横浜が3/12(木)~15(日)に臨時休業を決定(横浜日吉新聞、2020年3月11日、臨時休業を発表※3月11日23:10リンク追加

<横浜市会で報告>市内の「PCR検査」217件、コールセンター相談は3800件余(2020年3月3日)

<新型コロナ影響>商業施設で営業時間の短縮やスポーツクラブは休業も(横浜日吉新聞、2020年3月3日)

【参考リンク】

「セントラルウェルネスクラブトレッサ(大倉山)」を利用し発熱、咳などの症状がある方へ(横浜市が3月9日に特設ページを公開したため、同日18:05リンク追加)

横浜市「新型コロナウイルス感染症について」(随時更新)

神奈川県「新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況」(随時更新)