新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

社会人として、長く企業・団体で勤め上げたけれど、次なる人生プランがまだ決まっていない、新たな活躍のステージは――そんな不安や疑問に答えるイベントが企画されています。

来月(2020年)3月3日(火)13時30分から15時まで、港北区役所で行われる「シニア活躍の場発見セミナー」の案内チラシ(主催者提供)

来月(2020年)3月3日(火)13時30分から15時まで、港北区役所で行われる「シニア活躍の場発見セミナー」の案内チラシ(主催者提供)

2018(平成30)年春に、アピタテラス横浜綱島店内(綱島東4)に新オープンした、横浜市内で第2番目の施設となる「港北区生きがい就労支援スポット」(同)は、来月(2020年)3月3日(火)13時30分から15時まで、港北区役所(大豆戸町)4階会議室で、「シニアの活躍の場 新たな発見プログラム!セミナー」を開催します。(※)当企画については「新型コロナウイルス」への感染拡大を防止するため開催中止が決まりました(2月26日決定

「これまでの経験をいかして働きたい」、「地域でいきいきと活躍したい」など、シニアの人たちが豊かなセカンドライフを送るための地域密着型総合相談窓口として稼働してきた同スポットの、地域への発信型イベントとして行われるものです。

前半の第一部では、「企業説明会」として招へいした2つの企業の採用担当者が、シニアに適した仕事として、マンション管理や生活支援サポートの仕事について詳しく紹介。

続いて後半の第二部では、「セカンドステップ(STEP)セミナー」として、横浜市健康福祉局が実施している「セカンドSTEPプロモーション」の取り組みについて説明する予定。

「港北区生きがい就労支援スポット」はこの春でオープン2周年。「仕事やボランティアといった多面的な生き方を、この場所で探してもらえれば」と、統括責任者の石田仁(ひとし)さん。今年度は約700人の相談に対応、マッチング成功は100人を超えたという

「港北区生きがい就労支援スポット」はこの春でオープン2周年。「仕事やボランティアといった多面的な生き方を、この場所で探してもらえれば」と、統括責任者の石田仁(ひとし)さん。今年度は約700人の相談に対応、マッチング成功は100人を超えたという

定年退職を迎える世代の方々を対象に、住み慣れた街で心豊かに生活するヒントや、退職後の日常生活をサポートする行政サービスの紹介、地域での社会貢献活動、スポーツや趣味の活動といった、「人生を豊かに過ごす」ためのアドバイスも行うというプログラムとなっています。

仕事を探し、集め、相談できる同スポットの活用方法についてのレクチャーも行われる予定となっており、「まずは、シニアライフについて考えてみる、シニアが活躍している情報を集める、そしてためらわず体験してみる。仕事に限らず、ボランティアやサークルも探す、といった4つのステップを経て、“充実シニアライフ”につなげてもらえれば」と、同スポットでは、同イベントへの多くの参加を呼び掛けています。

なお、当日の定員は30人(先着順、定員に達し次第終了)。申込・問い合わせは同スポット(電話:045-947-2475)まで。

【関連記事】

生きがい就労や地域活動ノウハウを講師に学ぶ、9/1(日)小机駅前で公開講座(2019年8月26日)

アピタテラスの「生きがい就労支援スポット」、公式サイトに就労先やセミナー情報(横浜日吉新聞、2018年6月5日)

シニアの就業やボランティア先を紹介、アピタテラス内「支援スポット」は3/30(金)開始(横浜日吉新聞、2018年3月9日)

【関連記事】

港北区生きがい就労支援スポットの公式サイト

シニア活躍の場発見セミナー(同)

生きがい就労支援スポット(健康福祉局 高齢健康福祉課)

セカンドSTEPプロモーション(同)