新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

昨年(2019年)10月に首都圏や東北を襲った「台風19号」で中止となり、幻となってしまった国内最大の全国障害者スポーツ大会に出場する予定だった神奈川県内の選手らが来週(2020年)2月11日(火・祝)に鳥山町の「横浜ラポール」に集まり、卓球や水泳など5競技を通じた交流会が行われます。

茨城県で2019年10月に行われる予定だった「第19回全国障害者スポーツ大会」は台風19号で大会史上初の全日程中止となった(大会公式サイトより)

全国障害者スポーツ大会は、国体(国民体育大会)の開催地で国体終了後に開かれている全国大会で、全国の都道府県と政令指定都市がそれぞれ選手団を派遣。

2019年は10月12日から14日までの日程で、茨城県に選手・関係者ら5800人を集めて開かれる予定でした。

ところが大会前日の10月11日から初日の12日にかけて台風19号が通過する予想進路となり、安全面を考慮して全競技の中止を決定。大会19回目で初めて、選手が競技をできないまま終わってしまいました。

2月11日(火・祝)に開かれる「神奈川県・県内政令市障害者スポーツ交流会~もうひとつの茨城大会」では水泳など5競技を通じた交流会となる(横浜市ニュースリリースより)

そのため、横浜市と社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団(鳥山町)では、同大会に出場予定だった横浜市の選手団をはじめ、神奈川県や川崎市、相模原市の各選手団を横浜ラポールに招き、「神奈川県・県内政令市障害者スポーツ交流会~もうひとつの いばらき大会」と題し、開会式や競技を含めた交流会を企画したものです。

当日は10時15分から開会式を行った後、卓球や水泳、フライングディスク、ボウリング、アーチェリーの競技を15時ごろまで実施する予定です。

【関連記事】

パラスポーツで注目の新横浜「ラポール」、共生社会実現へ障害の有無問わず利用OK(2019年5月21日、横浜ラポールは障害者スポーツの県内拠点となっている)

<ラグビーW杯レポート>台風と日本代表戦に揺れた日産スタジアムの2日間(2019年10月15日、横浜ラポール至近の日産スタジアムでもラグビーW杯が1試合中止に)

【参考リンク】

2月11日(火・祝)「神奈川県・県内政令市障害者スポーツ交流会」~もうひとつの茨城大会~を開催します(横浜市健康福祉局)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介