新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

プリンスホテル側から横浜アリーナへ続く「歩道橋」を渡ると現れる謎の自販機

横浜アリーナに突如「ヨコアリくん天然水」現る――今月(2019年6月)13日、同アリーナの新横浜駅側の自由通路2階に新たな自動販売機が設置されたのをご存知でしょうか。

「ヨコアリくんのうれし涙」と書かれた自販機には、横浜アリーナのマスコットキャラクター「ヨコアリくん」の姿や、「手軽な横浜土産?」「水にこだわりあってもなくてもどうですか」といったセリフとともに描かれたヨコアリくんのイラストが所狭しと登場。

自販機には同じ商品しか入っていない。しかも1本100円

自販機の中には、350ミリリットル入りのナチュラルミネラルウォーター「ヨコアリくんのうれし涙」(100円)がズラリ。

あたかもインパクトを狙ったかのような商品名、そして、ペットボトルのイラストも、片目の涙部分が透明になっているという小洒落(こじゃれ)たデザインで描かれています。

今年は1989(平成元)年に横浜アリーナがオープンしてから30周年。「4月1日にその日を迎えたことを祝し、特別に作られたものなんです」と、同アリーナ営業部広報担当の北村雅之さん

「デザインはともかく水は美味しいです」「手軽な横浜土産?」などなど、自販機の横には「ヨコアリくん」からの販促効果がそれほど期待できそうにない数々のメッセージが・・・

元々、同アリーナの公演に出演するアーティストたちへの感謝の想いや、おもてなしの心から生まれたといい、「出演する皆さんにお渡しする目的で、ヨコアリくんのグッズは開発してきました。今回も30周年を祝い、その嬉しさから、ヨコアリくんが“うれし涙”を流すという設定で生み出したんです」と、同営業部の山下瑞恵(みずえ)さんも、その商品誕生の“謎”を少しずつ明かします。

ただ、ペットボトルの裏側には、水を作った理由について、紀元前・古代ギリシアの哲学者・タレスの「万物の根源は水である」という格言を挙げながらも、「嘘です、さっき知りました」とヨコアリくんによる謎めいた説明が……。

ヨコアリくんの説明だと頭が混乱しそうなので、横浜アリーナの担当者に再び質問。

超軟水」「硬度7mg/L(ミリグラム・リットル)」「新潟県南魚沼の美味しい水といった、自販機に描かれたキャッチフレーズもポイントだといい、「この天然水を(実際に)製造しているのは、プリンスホテル(株式会社プリンスホテル、東京都豊島区)で、同ホテルがスキンケアの化粧品にも使用するほどの、稀少な南魚沼の天然湧き水を使っているんです。硬度も、赤ちゃんのミルクを作るのに最適と言われています」と、山下さんも、すっきりとした水の美味しさの“秘密”についても言及します。

横浜アリーナで公演した数々のアーティストも飲んできた(に違いない)「ヨコアリくんの涙」。生産終了で手に入らなくなる前に買っておいたほうがいいかも(100円ですし)

2007年に新たに登場したヨコアリくんの、オリジナルグッズの誕生の背景には、「毎年訪れるアーティストに、より新しい、前回出演時とは違う商品を記念品としてお渡ししたい」との山下さんたち営業部メンバーの想いがあるといい、この横浜アリーナでの公演が、出演者にとってより想い出深い、また心に残るものになるようにと、商品開発やリニューアルにも、より力を入れているとのこと。

横浜アリーナは一昨年(2017年)3月に西武鉄道の子会社となったこともあり、同じグループ企業であるプリンスホテルの商品開発力も活かし、埼玉県秩父市で製造したこの「ヨコアリくんの涙」。

現時点では来年(2020年)3月末までの販売を予定しているとのことですが、商品がなくなり次第終了する場合もあるとのこと。

横浜アリーナへお越しのみなさん、新横浜駅からハローワークや港北警察署、神奈川税務署などの大豆戸町方面へ歩く地元のみなさん、熱中症対策にいかがでしょう。この水、けっこう旨かったです(大豆戸町へと歩いている時に自販機を発見した港北区民より)

アーティストが、サイトやSNSなどでこのヨコアリくんグッズについて、つぶやいてくれるのも嬉しい」(北村さん)というように、アーティストと同じ想いをしたい、出演の思い出や感動を共有したい、というファンたちからの熱き視線が、これからますますヨコアリくんグッズに注がれていきそうです。

なお、ヨコアリくんグッズの一部や同天然水は、イベント開催時の同アリーナや、同アリーナ内のセブンイレブン横浜アリーナ店内(天然水は5月28日から発売開始)でも取り扱っているとのこと。

一部商品は、大手芸能事務所のアミューズ(横浜アリーナの株主、東京都渋谷区)が運営する通信販売サイトA!S MART(アスマート)内の「ヨコアリくんショップ」でも販売中とのことです。

【関連記事】

ゆるキャラグランプリ登場の「ヨコアリくん」、今年こそ念願の100位以内なるか?(2018年8月31日)

【参考リンク】

公式キャラクター ヨコアリくんの紹介(横浜アリーナ)

A!S MART(アスマート)内「ヨコアリくんショップ」

グーグル配信による広告と関連記事の紹介