港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

今年こそ100位以内を――。横浜アリーナのマスコットキャラクター「ヨコアリくん」が今年も全国の“ゆるキャラ(ゆるいマスコットキャラクター)”の大会「ゆるキャラグランプリ」にエントリーしており、目標は「企業・その他」部門での100位以内。果たして今年は……。

ヨコアリくんが“主役”となった「秋のヨコアリくんまつり」は、港北区の地域イベントとして定着しつつある。2018年は11月23日(金・祝)に予定(画像は2017年のサイト)

横浜アリーナの愛称である“ヨコアリ”と“蟻(あり)”から名付けられたというヨコアリくんは、2007年に登場し、近年は新横浜周辺の地域イベントへ積極的に参加したり、オリジナルグッズが販売されたり、ラジオ番組のレギュラー番組を持つなど、知名度を上げつつあります。

ゆるキャラグランプリには2013年からエントリーしており、同年は「企業・その他」部門で125位、総合919位となり、その後も「中の上くらいの立ち位置をキープしつつ少しづつ順位を伸ばしています」(横浜アリーナ)といい、直近の2017年グランプリでは企業・その他部門で136位、総合301位の成績を残しました。

ただ“本人”は、「ぼく、毎年ゆるキャラグランプリに出場してるんだけど、いつも圏外で悔し涙を流していたんだ。。。去年くらいから涙も枯れ果てたんだけどね)」(ヨコアリくん公式Facebookページ)と過去5回の戦いで100位以内に入れない状況に落胆を隠せない様子。

横浜デジタルアーツ専門学校(新横浜)の生徒らにも後押しされ、今年の「ゆるキャラグランプリ」での100位以内獲得にやる気を見せつつあるヨコアリくん(横浜アリーナのニュースリリースより)

そんななか、今回は同じ新横浜にある横浜デジタルアーツ専門学校生徒がデザイン面などで協力することが決まり、「ずっと1人で歩んできたボクにもようやく一筋の光明が差しました」(同)と、生徒らにも後押しされ、本気を見せつつあります。

今月(2018年8月)1日から始まった2018年のグランプリ投票では、ヨコアリくんの総合順位は185位(8月30日現在)。全国から1000体以上(2017年実績)のゆるキャラがひしめくなか、11月9日(金)まで続く投票で念願の100位以内を獲得できるでしょうか。

【参考リンク】

エントリーNo.373「ヨコアリくん」の紹介・投票ページ(ゆるキャラグランプリ)

ヨコアリくん公式ページ(横浜アリーナ)

ヨコアリくん公式Facebookページ

グーグルからの配信による広告