新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新横浜の中心部でコンビニなどが設けていた店頭の“喫煙所”が相次いで消えています。新横浜中央通りのセントラルアベニューに近い場所にある「ファミリーマート新横浜2丁目店」では、今月(2019年5月)31日(金)限りで灰皿を撤去することを告知しています。

5月で灰皿の撤去を決めたファミリーマート新横浜2丁目店

オフィス街で喫煙者も比較的多い新横浜中心部では、たばこを販売するコンビニを中心に、店頭周辺へ灰皿を設置している店舗が目立っていましたが、歩道にはみ出して喫煙を行う利用者も誘発。

店舗側が苦情を受けて撤去を決断するケースが目立っており、ファミリーマート新横浜2丁目店でも「通行の方や近隣の方に大変ご迷惑をおかけしております」(同店告知)として灰皿撤去を決めたといいます。

灰皿を置くコンビニは歩道に出て喫煙しないように警告は行っているものの……(新横浜のコンビニ店頭)

新横浜2丁目と3丁目で現在も店頭に灰皿を置いているのは、人通りの比較的少ない新横浜1丁目寄りのアリーナ通りにある「たばこ店」や、「いちょう通り」などの通行人がそれほど多くない通りに近いコンビニに限られており、その数はわずか。

新横浜の駅前周辺は喫煙禁止地区となっているため、駅前広場内に2カ所の公共喫煙所は設けられていますが、これから先は「東京2020オリンピック」のサッカー競技が日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で開かれることもあり、屋外での喫煙に対する視線が今よりさらに厳しさを増すことは確実です。

新横浜中心部のコンビニ店頭から灰皿が全廃となる日も、そう遠くはなさそうです。

【関連記事】

“愛煙家の楽園”だった「オゾン通り」が禁煙化、灰皿は屋外駐車場へ移設(2017年8月18日)

<新横浜駅前>円形歩道橋下の「公共喫煙所」、改善を求める市民の声に対応へ(2017年8月8日)

新横浜駅前の歩道橋下「サークルK」がファミマ転換へ、3/22(水)に再オープン(2017年2月25日、同店は屋内に喫煙所を移した)

新横浜駅前の喫煙禁止エリア、今年度は”2000円罰則”の処分数が低水準(2016年12月14日、公共喫煙所についても)

グーグルからの配信による広告