港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

相鉄・東急直通線の工事を行う鉄道・運輸機構は、同線の公式サイトで羽沢トンネル新横浜トンネル新横浜駅の工事について、最新となる先月末(2018年7月)末現在の進捗状況をこのほど公開しました。

環状2号線下を掘り進む「羽沢トンネル」(羽沢駅~新横浜駅間、約3500メートル)の掘進状況。7月末時点で港北区鳥山町に近づいている(鉄道・運輸機構のサイトより)

「羽沢トンネル」(羽沢駅~新横浜駅間、約3500メートル)の工事は、羽沢側から掘り進めている環状2号線下の円形トンネル部分が2000メートル地点まで進んでいるとのこと。すでに神奈川区三枚町の東海道新幹線と交差する部分を越え、港北区鳥山町の「環2田島橋交差点」に近づいているといいます。

羽沢トンネル坑内の様子(鉄道・運輸機構のサイトより)

一方、新横浜駅(相鉄直通線)の工事は、地下1階でコンクリートの打設工事を行っており、ホーム階となる地下4階では今後ホームを施工することなどが写真で紹介されています。

新綱島駅側から掘り進める「新横浜トンネル」(新横浜駅~新綱島駅間=約3300メートル)については、綱島東1丁目の鶴見川寄りの地下で掘削するための「シールドマシン」を組み立てているほか、掘削時の土砂や泥などを処理する巨大なオレンジ色の「坑外設備」を設置していると写真で報告しました。

【関連記事】

<相鉄・東急直通線>日吉駅~新綱島駅間など、2018年7月の工事進捗を公開(横浜日吉新聞、2018年8月3日、綱島~日吉エリアの様子)

地下空間に広がるむき出しの鉄骨、今しか見られない「相鉄直通線」の工事を360度撮影(2018年7月3日)

新横浜1丁目「環状2号」で車線規制を強化、羽沢トンネル掘削で川崎方向も夜間実施(2017年10月2日)

【参考リンク】

羽沢トンネル工事の進捗状況(鉄道・運輸機構)

相鉄・東急直通線「新横浜駅」他工事進捗状況(鉄道・運輸機構)

「相鉄・東急直通線」などの工事進捗状況(鉄道・運輸機構)

グーグルからの配信による広告