港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

今、多くメディアでも報道されている“こども食堂”の運営手法を共有し、これからの「こどもの居場所」について考えてみませんか。

小机地区で初開催される「小机地区こどもの居場所 事例紹介&座談会」の案内チラシ(城郷小机地域ケアフラサのFacebookページより)

小机地区で初開催される「小机地区こどもの居場所 事例紹介&座談会」の案内チラシ(城郷小机地域ケアフラサのFacebookページより)

城郷地区(小机町・鳥山町・岸根町)を担当する横浜市城郷小机地域ケアプラザ(小机町・JR小机駅前徒歩1分)では、「こどもの居場所」プロジェクトの第1弾して、「小机地区こどもの居場所 事例紹介&座談会」(主催:小机地区「こどもの居場所」事業実行委員会)が来週末(2018年2月)24日(土)の15時から17時まで、同ケアプラザ1階・多目的ホールで開かれます。

城郷地区内の小・中学校や、地域住民連合町内会、社会福祉協議会民生児童委員協議会のメンバーが勉強会を行い、小机小学校(小机町)の校区を対象とする同実行委員会が発足。スタートアップの第1弾として、初となるイベントを実施するものです。

当日は、戸塚区上柏尾町の自宅を開放して「かしおのこども食堂」の立ち上げ、同地区の民生委員も務める寺村剛(たけし)さんを講師として招へい。

寺村さんは、テレビなどで報道される子どもの現状や社会の動向に心を痛め、「子どものために何かできないか。なにか自分にできることは」と常々感じていたとのこと。子どものことを「他人事」でなく「我が事」として、民生委員らを中心に「こども食堂」の実施を検討。身近な地域で子どもたちが安心して集える場をつくりたいという思いが形になり、2016年8月から「かしおのこども食堂」を開設しています。

会場となる城郷小机地域ケアプラザ

会場となる城郷小机地域ケアプラザ

同ケアプラザの担当者は、「こども食堂立ち上げの経緯や想い、大変だったこと、実施してよかったことなどを寺村さんにお聞きし、城郷地区の皆さんと一緒になって、“ざっくばらん”な座談会を開催します。エリアの皆さんへの情報提供と合わせ、城郷地区での“こどもの居場所”づくりに関心のある皆さんにご参加いただきたく、今回の企画を立ち上げました。疑問に思うことを解消しながら、気になる地域の子どもたちのことを、ぜひご一緒に考えませんか」と、当日の同イベントへの多くの参加を呼び掛けています。

なお当日の参加は無料、同ケアプラザへの電話もしくは窓口での事前予約(朝9時~平日20時まで、日・祝は16時まで)が必要です。

【参考リンク】

横浜市城郷小机地域ケアプラザのサイト(社会福祉法人秀峰会)※会場・申込先

横浜市城郷小机地域ケアプラザのFacebookページ

グーグルからの配信による広告