港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

10階建て36戸のマンションが2019年5月末までに建てられる予定の駐車場、左手に見えるのは神奈川スバル、左奥はカリモク家具

10階建て36戸のマンションが2019年5月末までに建てられる予定の駐車場、左手に見えるのは神奈川スバル、左奥はカリモク家具

新横浜1丁目でのマンション建設計画が止まりません。新横浜第一公園の至近、まいばすけっと新横浜1丁目店の横にある「協和新横浜駐車場」に10階建て36戸のマンションを建設する計画が進められています。

現地に掲出された建築看板(標識)によると、約465平方メートルの敷地に高さ31メートルの建物1棟(延べ床面積2772平方メートル)を来年(2019年)5月末までに完成させるとしています。

計画の名称は「新横浜・協和金属産業株式会社Ⅲ(3)新築工事」とし、建築主は新横浜1丁目17番地の協和金属産業株式会社で、設計と工事施工は高松建設株式会社。工事は今年3月16日に着工の予定です。

今回の建設計画地の至近では、30戸のマンション「ミオカステーロ新横浜Ⅳ(4)」がまもなく完成する(同物件の公式サイト

新横浜1丁目の環状2号線の日産スタジアム側では、又口橋交差点に近い位置で10階建てマンションの建築計画があるほか、新横浜第一公園の至近にあった駐車場跡地でも30戸の「ミオカステーロ新横浜4」がまもなく完成予定となっています。

また、環状2号線の新幹線高架側エリアでも2棟のマンション計画が進行中です。2023年3月末まで(平成34年度下期)に予定される「相鉄・東急直通線」の開通をにらみ、今後も新横浜エリアの駐車場や空地などでは開発が続くことになりそうです。

【関連記事】

又口橋に近い新横浜1丁目、駐車場など使い10階建てマンション2棟を計画(2017年6月23日)

新横浜第一公園近くの新築マンションは「ミオカステーロ」、最多価格は4500万円台(2017年3月16日)

鉄道・道路で分断された「新横浜1丁目」住民と企業の悲願、横浜線に新改札口を(2017年7月19日、新横浜1丁目は環状2号線を境に分断されている)

新横浜1丁目で20~30戸のマンション計画相次ぐ、いずれも駅から徒歩12~13分圏(2016年9月5日)

【参考リンク】

10階建て36戸のマンション建設が予定されている場所(グーグルマップ)

グーグルからの配信による広告