港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

パラリンピックの公式競技でもある「ウィルチェアーラグビー」(車椅子ラグビー)の大型大会がまもなく日産スタジアム近くの障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」(鳥山町)で開かれます。

7月29日(土)と30日(日)に「横浜ラポール」で行われる「日本選手権大会予選リーグB」のポスター、2日間とも入場は無料(日本ウィルチェアーラグビー連盟のFacebookページより)

今月(2017年7月)29日(土)と30日(日)に横浜ラポールで行われるのは、ウィルチェアーラグビーの「日本選手権大会予選リーグB」(一般社団法人日本ウィルチェアーラグビー連盟など主催)で、12月に千葉市で行われる日本選手権大会への出場権をかけて戦う大会です。

横浜ラポールを活動拠点とする地元チームの「横濱義塾(よこはまぎじゅく)」をはじめ、昨年2位となった埼玉県の強豪「AXE(アックス)」、北海道を拠点とする「北海道Big Dippers(ビッグディッパーズ)」、東北で今年から活動を始めた「TOHOKU STOMERS」の4チームが参加し、上位2チームと、敗退チームによるプレーオフを勝ち抜いた2チーム計8チームが全国大会(本選)へ出場できることになります。

ウィルチェアーラグビーの国内リーグは、今年から沖縄から北海道までの各地で活動する11チームが参加しており、2005年に結成された横濱義塾はリオパラリンピック日本代表に選手を輩出している名門。昨年の成績はプレーオフで出場を果たしたものの全国で8位に終わっただけに、今年は上位通過での本選出場が地元チームとして期待されます。

今大会では「横浜ラポールを満員にして横濱義塾を応援しよう」という動きも起きており、ホームならではの盛り上がりが期待できそうです。2日間とも入場料は無料。試合日程は次の通りです。

車椅子ラグビーチーム「横濱義塾」の公式サイト

<7月29日()>

  • 11:00~Game-1 北海道Big Dippers vs AXE
  • 13:30~Game-2 横濱義塾 vs TOUHOKU STORMERS
  • 16:00~Game-3 北海道Big Dippers vs TOUHOKU STORMERS
  • 18:30~Game-4 横濱義塾 vs AXE

<7月30日()>

  • 10:30~Game-5 北海道Big Dippers vs 横濱義塾
  • ※Game-5終了後~12:45 体験会
  • 13:15~Game-6 TOUHOKU STORMERS vs AXE
  • 15:00~閉会式

【2017年7月29日追記】

7月29日の様子、横浜義塾は初戦を接戦の末、勝利で終えました。車椅子が全速力でぶつかり合うすごい迫力です

ホーム開催ならではの地元応援団が多数駆け付け、大声援で横浜義塾を熱烈にサポートしていました

【関連記事】

港北区は「車椅子ラグビー」の聖地となるか、7/30(土)・31(日)にラポールで大型大会(2016年7月26日、昨年大会時の記事、横濱義塾についての紹介も)

日産スタジアム周辺、覚えておいて損はない5つの意外な食事スポット(2017年2月27日、横浜ラポールのレストランも紹介)

【参考リンク】

日本ウィルチェアーラグビー連盟のFacebookページ(大会情報)

車椅子ラグビーチーム「横濱義塾」のFacebookページ(試合情報など)

スリーエス【7/29.30ウィルチェアーラグビー日本選手権予選開催 横浜ラポールを満員にしよう】(観戦と横濱義塾の応援を呼び掛けるFacebookページ)

ウィルチェアーラグビーとは(ルールなど、日本ウィルチェアーラグビー連盟)

障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」のアクセス情報(新横浜駅から徒歩約10分、新横浜駅から無料送迎バスも)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)