新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

スタンドを埋めた5万3700人超が後押しし、逆転勝ちをおさめました。

ACL(AFCチャンピオンズリーグ)2023-24」の決勝(計2戦)に進出している横浜F・マリノスは、今月(2024年)5月11日(土)夜に日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で行われた初戦に2対1で逆転勝利し、25日(土)に敵地で開かれる第2戦で引き分け以上なら優勝が決まります。

今年2月に始まったラウンド16からF・マリノスは僅差で勝ちをつかんできた(Jリーグ「AFCチャンピオンズリーグ2023-24」案内ページのトーナメント表より)

アジア各国のプロリーグ戦上位チームなどが出場するACLで、F・マリノスは昨年(2023年)12月までに行われたグループリーグを4勝2敗で1位通過し、今年は2月のラウンド16、3月の準々決勝、4月の準決勝と僅差ながら勝ち抜いてきました。

ホームとアウェー2試合の総得点で争う決勝の相手は、アジア西地区を勝ち上がってきたUAE(アラブ首長国連邦)のアブダビを本拠地とする「アル・アインFC(Al Ain FC)」。

5月11日の決勝初戦での選手入場時には、ほぼ満員となったスタンドをトリコロールに染めた

日産スタジアムで19時から行われた先週5月11日の初戦は、ACLではチーム最多となる5万3704人の観客を集め、初の優勝を目指すチームをホームの大声援で後押ししました。

試合は前半序盤の12分に先制され、追い付けないまま迎えた後半の72分にヤン・マテウス選手(FW=フォワード)からのクロスを植中(うえなか)朝日選手(FW)が頭で押し込み同点に追い付きます。

後半72分、植中(うえなか)選手(左端)のヘッドで同点に追い付いた(5月11日)

続く84分には途中から出場した宮市亮選手(FW)がクロスに合わせてシュートを放ち、ボールがそれるもゴール前の渡辺皓太選手(MF=ミッドフィルダー)が右足で反応してゴールネットを揺らし、逆転勝ちにつなげました。

2対1で逆転勝ちとなり、来週5月25日(土)に敵地で行われるアウェー戦は引き分けでも優勝となる(5月11日)

F・マリノスが先勝したことで来週5月25日(土)にUAEのアブダビで行われるアウエー戦は引き分けでも優勝が決まります。

同日の試合は日本時間の25日(土)深夜1時(日付は26日)にキックオフ。中継はスポーツ専門のインターネット有料配信サービス「DAZN(ダゾーン)」のみですが、この試合は月会費が無料の「DAZN Freemium(フリーミアム)」でも視聴が可能とのこと。

白い民族衣装「カンドゥーラ」に身をつつみ声援をおくるアル・アインのサポーターら。日産スタジアムへも現地から一定数が詰めかけていたが、25日のアウェー戦はアル・アインのサポーターで埋め尽くされることになりそう(5月11日)

悲願である初のアジアチャンピオン獲得に向け、土曜日深夜のインターネット中継を通じて遠い敵地へ声援をおくりたいところです。

)国際試合のACLでは「日産スタジアム」の呼称は使えず、正式名である「横浜国際総合競技場」の表記を用いることになっていますが、港北区内では普段なじみの少ない名称で分かりづらいことから、記事中では日産スタジアムの表記を優先して使っています。

【関連記事】

<横浜F・マリノス>アジア制覇へ「ACL決勝」、5月11日(土)夜に地元で初戦(2024年4月30日、準決勝までの試合結果も)

【参考リンク】

Jリーグによる「AFCチャンピオンズリーグ2023-24」の案内ページ(試合結果の詳細やニュースなど)

5月25日「AFCチャンピオンズリーグ」決勝 運命の第2戦をDAZNでの無料配信が緊急決定!~JFA、Jリーグ、DAZNのトップ会談により全国のサッカーファンに新たな景色を(DAZN Japanによる無料配信プランでの配信告知)