新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

猛暑が続く8月も、横浜市内の感染者数が鈍化することはないのでしょうか。市はきょう(2020年)8月29日(土)夜に新型コロナウイルスへの感染者が1日で54人判明したことを公表し、累計での感染者数が2000人を突破。約1カ月前の先月7月30日に累計1000人を超えたばかりでしたが、8月は29日までに計994人の感染者が発生しています。【2020年8月29日21:40記事公開】

)当初記事では8月の29日間の感染者数は993人としていましたが、994人の誤りでした(8月30日9:07修正)

8月下旬になっても横浜市内の感染者数は高い水準が続く(市の感染者数統計ページより)

2月18日に市内での1人目が発生して以来、8月29日夜までに判明した市内感染者2021人のうち、現時点で1566人はすでに退院などとなっており、残る軽症者は300人、無症状者が68人である一方、これまでに累計55人が亡くなっており、現在も重症者が3人、中等症は27人におよびます。

8月は市内の感染者数が過去最高の数で推移しており、15日(土)には1日で最多となる57人を記録し、きょう29日(土)の54人も14日の55人に次ぐ高い水準です。

横浜市役所

市が1週間に一度だけ公表する18区別の感染者数では、きのう28日時点で青葉区は190人、鶴見区で187人、港北区が174人北部3区が市内で“ワースト3”となっており、今後も都心へ近い3区でのさらなる増加が懸念されます。

【関連記事】

港北区の感染者は今週22人、鶴見区が28人、青葉区は15人増で市内最多(8/28)(横浜日吉新聞、2020年8月28日、最新の区別情報)

横浜市内の感染者数が累計1600人を突破、週末だけで100人以上(8/16時点)(2020年8月17日)

<横浜市長>感染者数の急増も「軽症・無症状が93%」、経済再生へ169億円投入(横浜日吉新聞、2020年8月25日)

【関連記事】

【54人発生・1968~2021例目】新型コロナウイルス感染症による新たな市内の患者確認について(横浜市健康福祉局、2020年8月29日、累計2000人を突破)

横浜市内の陽性患者の発生状況データ・相談件数(横浜市)