新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

神奈川県内で免許の更新を待つ約26万人で混雑する可能性があります。神奈川県警は、緊急事態宣言が出されたことにともない先月(2020年)4月16日から多くの業務を休止していた「運転免許センター」(旭区)と県内警察署での運転免許業務をきょう5月27日(水)から再開すると発表しました。

運転免許業務の再開を告知する神奈川県警の公式サイト(5月26日)

神奈川県など首都圏での緊急事態宣言が5月25日(月)に解除され、きょう27日(水)0時時点で店舗や施設の休業要請も解かれたこともあり、運転免許センターと警察署でも免許業務を再開したものです。

神奈川県内では免許更新を待つ人が現時点で約26万人いるといい、県警では「手続をお急ぎでない方有効期間に余裕がある方、体調の優れない方はご来場をお控えください」として、有効期間が7月31日までの免許所持者については、引き続き3カ月の延長手続きを郵送で受け付けるといいます。

二俣川(旭区)の運転免許センターでは横浜市と他市町村在住者で午前と午後に分けて受付を行う計画

また、運転免許センターは特に混雑が予想されることから、5月中は横浜市内の在住者が「午前中」に、それ以外の市町村在住者は「午後」に分かれて更新手続きを行うよう呼び掛け、6月中も在住地区や65歳以上・妊産婦などに分かれての来場を求めています。なお、通常は日曜日も業務を行っていますが、5月31日(日)は休業となっています。

受講者数が定員(平日午前約1200人、午後約1000人/日曜日午前約2600人、午後約1600人)に達した場合は後日の講習となったり、混雑状況によっては、免許証の即日交付ができなかったりする場合があるとのことです。

各警察署での更新手続きについても、講習の受講者数を制限し、免許証の即日交付可能な警察署(川崎・横須賀・鎌倉・小田原・海老名・相模原北の各署)でも6月8日(月)までは即日交付を行えないとしています。

【関連記事】

<神奈川県警>運転免許の更新期限「3カ月延長」は郵送申請も可能に(2020年4月9日)

神奈川県警、「運転免許」の更新時に新型コロナ拡大防止へ対応策(2020年3月15日、免許センターが混雑していたとのレポートも)

【参考リンク】

運転免許証関係手続のご案内(神奈川県警)