港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

きょう(2018年9月)4日(火)からの「台風21号」の接近により、東海道新幹線でも運休などが決定しています。

2018年9月4日(火)の台風21号接近により、東海道新幹線も影響を受ける

JR東海が3日23時30分現在で発表したところによると、4日は新横浜駅を10時19分に出発する「のぞみ221号」から同13時29分発の「のぞみ35号」まで同時間帯に運転する「のぞみ」10本の運転を取り止め、上り(東京方面)でも10本を運休する計画としています。

また、西日本エリアを台風が通過するとの予測にともない、新横浜を7時32分に出発する「のぞみ155号」から山陽新幹線との直通運転を中止し、新大阪駅と東京駅間の折り返し運転とする予定です。

JR東海では「台風の影響によっては、更なる運休や大幅な遅延、急きょの行先変更が発生する場合がございます。お客様におかれましては、ご予定の変更などご検討いただきますようお願いいたします」とし、台風21号の影響で旅行を見合わせる場合、無手数料できっぷの払い戻しを行うことを告知しています。

台風の進路によっては状況が変わるため、東海道新幹線の最新情報はJR東海の公式サイトでご確認ください

【参考リンク】

JR東海公式サイト(運転情報)

ご旅行の見合わせによるきっぷの払いもどしについて(新幹線・在来線共通)(JR東海、9月4日0時10分現在)

新横浜駅の時刻表など案内ページ(JR東日本)

グーグルからの配信による広告