港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

菊名駅にミニスーパーがオープンします。イオン系の「まいばすけっと」は、公式求人サイトで「まいばすけっと菊名駅」を出店することを公表し、店舗スタッフを募集しています。関係者によると、来月(2018年9月)末ごろにもオープンする見通しだといいます。

イオン系のミニスーパー「まいばすけっと」の求人公式サイト

まいばすけっと菊名駅は、住所を「菊名7丁目1-1」としており、東急・JR菊名駅や、駅構内に直結する東急ストア菊名店と同一。JRが建設中の新駅舎も同じ住所になるとみられます。(9月4日追記:JR新駅舎内の1階で9月28日オープン予定となりました)

JR東日本横浜支社によると「新駅舎のオープンは今年度(2019年3月末)内に予定しており、正式な開店日やテナントはプレスリリースを通じて発表する」としています。

菊名駅西口のJR駅舎は完成に近づきつつある(8月4日撮影)

まいばすけっとは、神奈川区富家町に本部を置き、2005年から東京23区と横浜・川崎両市内にミニスーパー約700店を出店。

港北区内だけでも新横浜(3店舗)や大倉山、妙蓮寺といった駅周辺部に加え、篠原西町や鳥山町など24店を置いており、特に都内に近い日吉エリアでは8店、綱島エリアでは5店と集中的に展開。一方、菊名エリアでは、初の店舗になるとみられます。

菊名駅西口に近い大豆戸町には、ユニー系のミニスーパー「mini(ミニ)ピアゴ菊名駅西店」が以前からあり、2016年10月からは日本で初となるファミリーマートとの一体型店として運営が行われています。

)2018年9月4日追記:「まいばすけっと菊名駅店」はJRの新駅舎内1階に9月28日オープン予定。このほかベーカリーも同時にオープンし、JR菊名駅舎の供用も同時期となる見通し。

【関連記事】

菊名西口「ミニピアゴ」はファミマと一体化した日本1号店に、10/6(木)再オープン(2016年10月2日)

菊名駅のバリアフリー部分は12月に供用開始、「工期短縮を図れた」と市が表明(2017年10月12日、横浜市が中心となって行っていたバリアフリー工事は昨年12月に完成)

<東急菊名駅>JRとの乗り換えを“直線化”、7/29(日)から東急側に「中央改札」(2018年7月20日、東急の新改札口も先月完成)

【参考リンク】

まいばすけっと菊名駅の公式求人情報(株式会社まいばすけっと)

グーグルからの配信による広告