港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

駅ビル「キュービックプラザ新横浜」の9階と10階のレストラン街に、神奈川県内初出店を含む肉料理や中華、焼鳥の3店舗が新たに出店を告知しました。

6月から7月にかけてキュービックプラザ新横浜の9階と10階に出店を予定する3店舗の詳細(新横浜ステーション開発のニュースリリースより)

9階の旧「インド料理マハラジャ」跡に出店するのは、熟成肉レストランのチェーン「Gottie’s BEEF(ゴッチーズビーフ)」で来月(2018年6月)8日(金)にオープンを予定。京都市に本社を置く株式会社ゴリップが東京都内などに14店を展開するチェーンで、県内では初出店となります。

10階では旧「中国料理點心(てんしん)茶室」の跡に同じ中華の「横浜中華街 梅蘭(ばいらん)」(株式会社東源運営)が来月26日(火)に出店。カリカリに焼き上げた麺が特徴的な「梅蘭やきそば」で知られる同チェーンは、横浜中華街の“本店”をはじめ、都内などに20店超を展開しています。

このほか10階では、オフィスフロア(新横浜中央ビル)への出入口付近にあった旧「とうふ料理八かく庵」の跡に、県内初出店となる「YAKITORI&SAKE 鳥光國(とりみつくに)」(マルシフードサービス株式会社運営)が7月中旬にオープンを予定。焼鳥と日本酒を自慢とする“居酒屋バル”として首都圏に5店を営業中です。

現在、3店が工事中の同レストラン街ですが、今年7月中旬以降には3月以前と同様に2フロア・計15店体制に戻ることになりそうです。

【関連記事】

新横浜駅の至近に熟成肉レストラン「ゴッチーズビーフ」が出店を告知(2018年5月15日)

アイス&銀だこ、新横浜駅ビル3階に初の「ギンダコバル」きょう7/14(金)開店(2017年7月14日、昨年は3階で新規オープンも)

【参考リンク】

9・10階レストラン街に3店舗オープンPDF、2018年5月25日、新横浜ステーション開発株式会社)

グーグルからの配信による広告