港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2018年5月)18日(金)から24日(木)までの7日間で計3万5382ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、5月21日(月)に公開した「新横浜周辺エリアのセブンで『電動自転車』貸出、シェアサイクルの対応店が増加中」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 新横浜周辺エリアのセブンで「電動自転車」貸出、シェアサイクルの対応店が増加中(5月21日、901)
    → 駐車場の広い篠原口側の2店などで始まっているシェアサイクル。区内のあるセブンの店主によると、近くに企業が位置している店ほどシェアサイクルの需要が高まっていると話していました。その点、新横浜の2~3丁目側や菊名・大倉山エリアでも対応店が欲しいところです
  2. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(1月18日、795)
    → 18週連続でランキング登場となりました
  3. 新横浜プリンスホテル、7/15(日)まで「北海道・函館ディナーブッフェ」(5月21日、531)
    → 北海道の味を集めた「食べ放題」は平日が大人税込5400円、小学生は同3600円、4才から未就学児が同1000円、土休日は大人料金のみ400円増しとなっています
  4. 横浜アリーナで初開催、5/26(土)にプロバスケ「Bリーグ」のチャンピオン決定戦(5月9日、493)
    → アルバルク東京と千葉ジェッツの対戦となるBリーグ初の横浜アリーナ開催。コートに近いエリアを中心に1万2659席分のチケットが売れたと発表されています。25日時点の公式チケットサイトでは、2階以上のスタンド席中心にまだ販売されていました。なお、地元「横浜ビー・コルセアーズ」が翌日に行われる“入替戦”にまわる可能性もありましたが、なんとか回避されています
  5. 新横浜で飛躍を目指す26歳社長の「きぼうソフト」、IT開発者を集める最先端の働き方(5月22日、467)
    → 自身も新横浜の住民であるITベンチャーが1丁目で飛躍を目指しています。ITならではの働き方にも注目です
  6. <新横浜駅>新幹線改札内で唯一のカフェ刷新、5/31(水)から新ブランド1号店に(2017年5月20日、464)
    → 6週連続でランキング登場。新横浜駅周辺のカフェ一覧はこちらにまとめています
  7. 新たな菊名駅は12/17(日)始動、“乗り換え専用改札”と1階のJR改札口は廃止(2017年11月23日、461)
    → 久しぶりの登場となりました。重要な乗り換え駅だけにその変貌ぶりに今も驚く人が多いようです
  8. 新横浜駅の至近に熟成肉レストラン「ゴッチーズビーフ」が出店を告知(5月15日、1,138)
    → 2週連続でランキング登場。きのう25日にキュービックプラザ9階へ出店することが正式に発表されました。また10階にも中華と焼鳥の2店が出店します
  9. <新横浜駅>大きな荷物で困った時は「観光案内所」が味方に、預かりや配送もOK(2017年7月5日、415)
    → 定番の記事がランキングに入りました
  10. 新横浜駅で唯一の“独自駅弁”は良心的な「かつ重」、構内の目立たない場所で販売(2017年7月31日、371)
    → こちらも定番の記事、新横浜駅の駅弁を検索した際に読まれているようです

※日吉・綱島・高田エリアの週間ランキングはこちら

グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧