新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

あす(2021年)8月9日(月・祝)から港北区役所で投票が可能です。きょう8日(日)に告示された横浜市長選挙では、8月22日(日)の投票日前でも投票ができる「期日前投票所」が区内に開設されます。

港北区内に3カ所設けられる「期日前投票所」の案内(市選管の特設ページより)

期日前投票所はあす8月9日(月・祝)から港北区役所(大倉山駅徒歩約7分)の3階と、「日吉地区センター」(日吉本町1、日吉駅徒歩約10分)の別館(出入口側)に開設。

港北区役所は投票日前日の8月21日(土)までの13日間、8時30分から20時まで、日吉地区センターは8月14日(土)までの6日間、9時30分から午後8時まで投票が可能です。

このほか、来週15日(日)から21日(土)までの6日間は「トレッサ横浜」の南棟2階(グルメブリッジ)にも期日前投票所が開設され、10時から20時まで投票することが可能となります。

期日前投票所での投票には、印鑑・身分証明書や投票券(投票の案内)を持参する必要はなく、その場で「請求書兼宣誓書」に記載するだけで投票ができます。

港北区役所での「期日前投票所」開設イメージ(2019年)

なお、新型コロナウイルスに感染し、宿泊・自宅療養などを行っている市民については、8月18日(水)(必着)までに港北区選挙管理委員会に書面を郵送または代理人による持参により投票用紙を請求することで、郵送による投票ができることとなっています。

一方、濃厚接触者については、郵送投票の対象となっておらず、「濃厚接触者が投票のために外出することは、『不要不急の外出』には当たらず、投票所等において投票することが可能」(市選挙管理委員会の市長選公式サイト)などとし、投票所で投票するよう求めています。

8月22日(日)に投開票が行われる横浜市長選挙への立候補者は次の8人です。

市長選への立候補者一覧(届出順)

)候補者への公式サイトやSNSへリンクしています。プロフィールは公式サイトや選挙記録などによる。カッコ内は当選時の所属政党と選挙区、通算当選回数。なお、知事・市長の当選時は無所属

  • 太田正孝氏 [Facebook/Twitter]
    → 横浜市議(無所属・立憲民主党・新自由クラブほか、磯子区、当選11回)
  • 田中康夫氏 [Facebook/Twitter]
    → 作家、元長野県知事(当選2回)、元参院議員(新党日本、比例区、当選1回)、元衆院議員(新党日本、兵庫8区、当選1回)、元「新党日本」代表
  • 小此木八郎氏[Facebook/Twitter]
    → 前国家公安委員会委員長(国務大臣)、前衆院議員(自民党、神奈川3区・比例南関東ブロック、当選8回)
  • 坪倉良和氏 [Facebook/Twitter]
    → 水産仲卸業「金一グループ(坪倉商店ほか)」(神奈川区山内町)会長
  • 福田峰之氏 [Facebook/Twitter]
    → 元内閣府副大臣、元衆院議員(自民党、比例南関東ブロック、当選2回)、元横浜市議(自民党、青葉区、当選2回)
  • 山中竹春氏 [Facebook/Twitter]
    → 前横浜市立大学医学部教授
  • 林文子氏 [Facebook/Twitter]
    → 横浜市長(当選3回)
  • 松沢成文氏 [Facebook/Twitter]
    → 参院議員(日本維新の会・みんなの党、神奈川県選挙区、当選2回)、元神奈川県知事(当選2回)、元衆院議員(神奈川9区・旧神奈川2区、民主党・新生党、当選3回)、元神奈川県議(無所属、川崎市麻生区、当選3回)、元「希望の党」代表

立候補者は以上の8人です。

【関連記事】

<8月8日告示>“カオス状態”横浜市長選、「IR」巡って分かりづらさ加速(2021年8月4日)

【参考リンク】

横浜市長選挙 特設サイト(横浜市選挙管理委員会)※選挙公報へのリンクも

投票日に投票所へ行けない場合(期日前投票などについて、横浜市選挙管理委員会)