港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

新横浜公園の遊具広場となりにある「新横浜公園ドッグラン」では、今週(2018年12月)22日(土)から24日(月・祝)まで3日間にわたって、夕方にイルミネーションを点灯させるイベント「イルミネーションドッグラン」を初めて開きます。

2012年9月にオープンした「新横浜公園ドッグラン」は、第3レストハウス近くに横浜最大級と言われる約3000平方メートルのスペースを持ち、株式会社ドッグラン・ラボ(神奈川区)が運営を受託している

3日間は9時30分から20時までの営業中、16時30分ごろからイルミネーションを点灯させるほか、「クリスマス仕様のキッチンカー」も登場するといいます。また、愛犬の写真をハッシュタグ「#イルミネーションドッグラン」を付けてSNSに投稿するフォトコンテストも行われます。雨天の場合は中止になります。

なお、新横浜公園ドッグランの利用には、第3レストハウス内の受付で利用申込書や誓約書、適正テスト&マナーテストの書類を記入し、飼い主の身分証明書や3種以上の混合ワクチン証明書、狂犬病注射済証、犬鑑札の4種類の持参と、1000円(飼い主・1頭)の年間登録料が必要。利用1回ごとに500円(飼い主・1頭)の利用料がかかります。

【参考リンク】

新横浜公園ドッグランの公式サイト

「イルミネーションドッグラン」初開催します!(12月22日~24日)

グーグルからの配信による広告