港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

横浜F・マリノスは、来月(2016年6月)からのW杯や芝生工事で中断後、7月28日(土)から再開される日産スタジアムのホームゲームで、8月15日(水)と9月1日または2日まで開催の3試合を対象に、「見放題サマーパス」など割安な企画入場券が販売されます。

サポーターシートとともに盛り上がることが多い日産スタジアムの「バック自由」席(写真手前)

見放題サマーパスは、7月28日(土)夜の清水エスパルス戦、8月15日(水)夜の名古屋グランパス戦、9月1日または2日の柏レイソル戦(開催日と時間未定)の3試合を5800円(小中学生2400円)で「バック自由」席で観戦できるチケットで、3試合が2試合分の入場料金となっているのが特徴です。

一方、7月28日に設定されている「夏のお得なグループ割」は、「バックSC1階」と「バック自由」を対象に、2人以上4人まで集まれば集まるほど割安となる“グループ券”。たとえば、バック自由は前売価格が1枚2900円ですが、夏のお得なグループ割では2枚で4800円、3枚なら6600円、4枚では8000円という形で割引率が高くなっています。

5月30日現時点では7月28日の試合のみですが、その後も8月15日と9月1日または2日の試合にも設定される予定だとのことです。

【関連記事】

来年のラグビーW杯へ向け「日産スタジアム」が着々と変化、マリノス戦でも動き(2018年4月10日)

【参考リンク】

7月28日開催のホームゲームチケットについて(横浜F・マリノス)

グーグルからの配信による広告