港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

毎年秋に開かれている国民体育大会(国体)。来年早々に開かれる冬季大会で、アイスホッケー競技会会場に新横浜の街が選ばれています。

2018年1月28日(日)から2月1日(木)まで開かれる第73回国民体育大会冬季大会「アイスホッケー競技会」のポスター(港北区公式サイト内より=PDF

神奈川県内で国体アイスホッケーが開かれるのは、1964(昭和39)年の第19回大会以来54年ぶりだといい、来年(2018年)1月27日(土)に新横浜プリンスホテルで「開始式」が行われた後、2月1日(木)まで「KOSE新横浜スケートセンター(旧「新横浜スケートセンター」)」をメイン会場に、「横浜銀行アイスアリーナ」(神奈川区)の2会場で熱戦が繰り広げられます。

試合は成年男子と少年男子の部に分かれ、成年は26都道府県から442人、少年は13都道府県から221人の参加が予定され、関係者や観衆を合わせると1万人以上の規模の大会になるといいます。

試合は1月28日(日)の1回戦から2月1日(木)の決勝戦まで47試合が予定されており、このうち成年の対戦を中心とした24試合と「表彰式」がKOSE新横浜スケートセンターで行われる日程となっており、観戦は全試合無料

なお、国体冬季大会のうち、アイスホッケー以外では、スケートは山梨県、スキーは新潟県で開催されるとのことです。

(※)この記事は読者の方からの情報提供によって記事化しました。ありがとうございます。

【関連記事】

新横浜スケートセンター、化粧品大手「コーセー」が3年間の命名権を取得(2017年10月4日、今年10月からネーミングライツで名称変更)

【参考リンク】

第73回国民体育大会冬季大会アイスホッケー競技会について(神奈川県、2018年1月28日から2月1日まで開催)

競技会日程(試合日程)について(神奈川県)

第73回国民体育大会冬季大会アイスホッケー競技会の開催についてPDF、港北区町内会情報提供資料)

グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧