港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

2018年の早々に「横浜七福神」を1日で巡ってみませんか――。港北ボランティアガイドは妙蓮寺から綱島まで、港北区内の7つの由緒ある寺を歩く人気の企画ツアー「1日で巡る横浜七福神」を来年1月5日(金)に開きます。

2018年1月5日(金)に開かれるツアー「1日で巡る横浜七福神」のチラシ(港北ボランティアガイドの公式サイトより)

1965(昭和40)年に横浜市内では港北区が最初に制定したため、「横浜七福神」という名が付けられており、7つの寺それぞれで恵比寿や大黒天、毘沙門天などの福の神を参拝することができます。

ツアーでは、9時30分に妙蓮寺駅へ集合し、駅近くの「菊名池辯財天」を皮切りに、菊名駅東口の「蓮勝寺」、新横浜駅篠原口の「正覚院」、新羽駅近くの「西方寺」、高田駅近くの「興禅寺」、日吉本町駅近くの「金蔵寺」、綱島駅西口の「東照寺」まで、一部で地下鉄を使いながら10.5キロの道のりを歩き、16時ごろに綱島駅で解散するコースとなっています。

参加費は300円(地下鉄運賃は別途各自負担)、今月(2017年12月)20日(水)までに港北ボランティアガイド公式サイトの申し込みフォームなどから事前申し込みが必要です。定員は60名で応募者多数の場合は抽選になるとのことです。

【関連記事】

<妙蓮寺~菊名~新横浜~新羽~綱島~高田~日吉本町>「横浜七福神」巡りは楽しい!(2017年1月2日、横浜七福神の詳細も)

【参考リンク】

2018年1月5日(金)開催の企画ツアー「1日で巡る横浜七福神」について(港北ボランティアガイド)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)