港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

昨年の「はまりんフェスタ」でも運転された新羽車両基地発の特別列車は早々に乗車整理券が売り切れていた

今週末(2017年10月)28日(土)に新羽車両基地で開かれる横浜市交通局の感謝イベント「はまりんフェスタ2017」では、昨年に続き、同車両基地と新羽駅を結ぶ2本(定員各200名)の特別列車の運転(13時10分発、14時15分発)が予定されています。

同特別列車は、北新横浜駅近くにある新羽車両基地から新羽駅まで、普段は一般客が乗車できない区間を走るもので、昨年の「はまりんフェスタ」で運行された際は早々に乗車整理券が売り切れており、今年も発売開始時間である10時に近い時間に求めるのが良さそうです。

「はまりんフェスタ2017」の会場マップ(横浜市交通局のページより)

また、貴重なバス方向幕の操作体験や、バスとの綱引きイベント、地下鉄新型車両の行先表示板に名前を入れて写真撮影ができる企画、バス運転シミュレーションは各ブース前で整理券が配布されるほか、地下鉄の洗車機体験は10時10分、11時10分、12時10分の3回にわたり先着順で行われます。スタンプラリーの記念品は先着1000個となっています。

はまりんフェスタは10時から15時(入場は14時30分終了)まで行われ、検車庫の公開は14時30分で終わります。雨天でも実施されますが、荒天の場合は中止になるとのことです。

なお、開催日の10月28日(土)は、「東京2020オリンピック」開催の1000日前にあたるとのことで、「東京2020オリンピック・パラリンピックPRブース」(1階25番)も設けられ、クイズに全問正解するとピンバッジのプレゼントも行われる予定です。

【関連記事】

今秋も新羽車両基地で開催、2017年の「はまりんフェスタ」は10/28(土)に(2017年6月27日)

【参考リンク】

新羽車両基地「はまりんフェスタ2017」の案内ページ(横浜市交通局)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)