港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

新幹線の新大阪方面ホームにくっつくように建つ6階建ての「新横浜ビルディング」

新横浜駅の篠原口側にある「オゾン通り」で知られる駅隣接の「新横浜ビルディング」でテナントに変化が見られます。

今年(2017年)に入り、オゾン通りの古参喫茶店だった「エンリコ」が4月に閉店したほか、同ビル3階にあった保育所(横浜保育室)「ベビーステーションのぞみ」は3月末で休止。1階で営業していた金券ショップ「チケット&ギフト新横浜店」も6月24日で店を閉じており、建設から半世紀超を経て、新横浜を代表する老舗ビルが変わりつつあります。

新横浜ビルディングは、新幹線の新大阪方面ホームにくっつくように建つ6階建てビルで、東海道新幹線が開通する5カ月前の1964(昭和39)年5月に竣工しており、新横浜では最古級と言われている老舗ビル。1階部分が新幹線の篠原口側出入口と直結しており、オゾン通りと名付けた飲食街も設けられています。

2016年8月の1階出入口の様子、おなじみのチケットショップも今年6月で閉店した

半世紀以上経た近年は、レトロな“昭和の雰囲気”を残す飲食店街として人気を集めていますが、今年1月に収益不動産売買などを展開する横濱コーポレーション(西区みなとみらい)が同ビルを買収。オーナーの変更とともに、3つのテナントが閉鎖した形となります。

一方で今月(8月)3日には同ビルの2階と3階に心臓病専門の「新横浜ハートクリニック」が開院しており、同ビルが新たな方向へ向かおうとしているようにも見えます。喫茶エンリコの跡地も含め、古参ビルの今後に注目です。

【関連記事】

“愛煙家の楽園”だった「オゾン通り」が禁煙化、灰皿は屋外駐車場へ移設(2017年8月18日)

新横浜オゾン通りの老舗喫茶「エンリコ」が4/20(木)に閉店、ランチは休止中(2017年4月18日)

新横浜「オゾン通り」はまだ元気!昼も夜もサラリーマンを癒す“昭和な”そば店(2017年4月24日)

【参考リンク】

新横浜ハートクリニック(新横浜ビルディングに8月3日開院)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)