新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

菊名エリアの子どもたちに向けた「秋祭り」が3年ぶりに復活します。

今週(2022年)9月17日(土)・18日(日)に菊名神社(菊名6)で例大祭が開かれるのにあわせ、地元の「菊名北町町内会」(菊名駅周辺)と「菊名南町自治会」(妙蓮寺駅周辺)では主に子ども向けの祭りが企画されています。

子ども向け神輿のイメージ(菊名北町町内会提供)

菊名北町町内会では、子ども向けの神輿(みこし)に加え、「防災」の要素を盛り込んだゲームも企画。

子ども向け神輿やゲームは、横浜銀行菊名支店(菊名6、菊名神社近く)の駐車場に特設する「北町神酒所(みきしょ=神輿の休憩場所)」が集合場所です。

17日(土)は13時30分に集合して菊名地区センターで神輿をかつぎ、18日(日)は13時50分に北町神酒所に集合し、東急菊名駅の改札前でかつぐといいます。

横浜銀行菊名支店横に設けられる「北町神酒所(みきしょ)」(2019年9月)

また、17日と18日の両日にわたり北町神酒所では、15時30分から菓子類などをプレゼントする子ども向けの“あっち向いてホイゲーム”を企画し、防災教育の一環として災害用の備蓄食料プレゼントも計画。

同企画は1時間にわたって行う予定ですが、菓子類がなくなり次第終了するとのことです。

一方、菊名南町自治会では、17日(土)13時30分から15時30分まで「菊名池公園」(菊名1)に縁日コーナー、福祉ショップなどを設置するほか、子ども向けの神輿やお囃子の体験会を企画。子ども神輿が公園内をまわる予定です。

菊名神社へ続く旧綱島街道沿いに並ぶ露店(2019年9月)

なお、3年ぶりに本格開催となる菊名神社の例大祭では、例年に比べると縮小開催となるものの、17日(土)と18日(日)は14時からお囃子やフラダンスといった「奉納演芸」を実施するとともに、神輿(大人)の渡御(とぎょ=巡回)も予定。

また、菊名神社前の旧綱島街道沿いでは、例年の半分程度の規模となる40ほどの露店が出店を計画しているとのことです。

【関連記事】

・【前回記事】今週末9/14(土)・15(日)は2019年「菊名神社」の例大祭(2019年9月12日)

【参考リンク】

9月17日(土)・18日(日)菊名駅東口・地区センターなど「お祭り(祭礼)を3年ぶりに開催」(菊名北町町内会)

9月17日(土)菊名池公園「お祭り2022の御案内」(菊名南町自治会「菊名南ネット回覧板」)

9月17日(土)・18日(日)菊名神社「例大祭に関する各種行事等について」(沿道に「露店」の出店も予定)