港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「マルエツ大倉山店」(マンション「コスモスクエア大倉山」)に隣接していたクリニック跡に7階建て35戸のマンションが建てられる計画

大倉山1丁目のスーパー「マルエツ大倉山店」(マンション「コスモスクエア大倉山」内)の隣接地にあったクリニックの建物が解体され、跡地に7階建て35戸の「共同住宅」を建てるとの計画が現地に告知されています。

この場所はかつて「新横浜クリニック(耳鼻咽喉科)」として使われていた建物が残っていましたが、昨年(2017年)11月ごろから解体工事が行われていました。

レンガ色が印象的な旧「新横浜クリニック」の建物は2017年11月ごろから解体が行われた(2016年9月撮影)

現地の建築看板(標識)によると、約661平方メートルの跡地は「(仮称)大倉山一丁目計画」と題し、今年7月に共同住宅の建設に着工。高さ19.99メートルの7階建て建物1棟を2019年9月までに完成させる計画です。

建築主はマンションデベロッパーの株式会社サンウッド(東京都港区)と三信住建株式会社(東京都中央区)となっています。

同地の正面にあった駐車場では、認可保育所が入る2階建ての建物が今年に入って完成したばかりで、周辺の風景が少しずつ変化していくことになりそうです。

【参考リンク】

サンウッドなどによる7階建て35戸マンションの建設計画地(グーグルマップ)

グーグルからの配信による広告