港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

肉と魚の2種類から選べる「ハマ弁」は、安価なうえに栄養バランスに配慮されている

肉と魚の2種類から選べる「ハマ弁」は、安価なうえに栄養バランスに配慮されている

横浜市内の一部中学校で2016年7月1日から開始された配達型弁当の「ハマ弁」について横浜市教育委員会は、10月から篠原中学校(篠原町)大綱中学校(大倉山3)新羽中学校(新羽町)などの港北区内5校でも開始すると発表しました。なお、城郷中学校(小机町)では11月のスタートとなります。

ハマ弁は中学校給食が実施されていない市立中学校で、「共働き世帯の増加や就労形態の多様化など社会状況の変化から、弁当作りが難しい場合があるなどの課題」(横浜市)があることから市が新たに始めた昼食サービスです。1食360円で日替わりのおかずとご飯が付き、30円の追加料金で日替わりの味噌汁を注文することも可能です。

「ハマ弁」のホームページ、中学生にも親しみやすいデザイン

「ハマ弁」のホームページ、中学生にも親しみやすいデザイン

栄養バランスに配慮したメニューで、温かいごはんと汁物を提供。おかずは衛生上の観点から冷たい状態となるものの、冷めても味が落ちない工夫が行われているといいます。また、インターネットからも注文ができるなどの利便性も備えているのが特徴です。

ハマ弁の開始により、両親が多忙で中学生の弁当作りができない時など、共働き世帯を中心に、昼食準備の負担軽減が期待されています。

【関連記事】

横浜市の中学生向け「ハマ弁」は冷めても旨い! 昼食準備の心理的な負担減に期待(2016年7月2日、横浜日吉新聞)

1食360円から提供の中学生向け「ハマ弁」、日替わりメニューは意外と魅力的(2016年5月31日、横浜日吉新聞)

【参考リンク】

ハマ弁のホームページ

「ハマ弁(横浜型配達弁当)」の第2期以降の実施校について(横浜市、2016年7月14日)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)