港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

たこ焼きチェーン「築地銀だこ」を運営するホットランドグループの新業態店「ギンダコバル」が新横浜駅から徒歩1分の場所にオープンするとの情報が複数の求人サイトに掲載されています。記載されている住所は駅ビルの「キュービックプラザ新横浜」とみられ、住所中には「3F」との表記もありました。【オープンに関する最新の記事はこちらをご覧ください

ホットランドでは今年(2017年)、「アルコール構成比が高いため原価率が低く、利益率が5%近く高い」(2016年12月期決算説明会資料)という銀だこのハイボール酒場業態を増やしていくことを表明している(銀だこハイボール酒場の紹介サイトより)

求人サイト「バイトル関東版」によると、ギンダコバルは「銀だこ、ハイボール酒場、コールド・ストーン(※米国生まれのアイスクリーム店)の3つの業態がイイ所取りに1つに集結」「ハイボール片手にアツアツのたこ焼。〆は甘くて美味しいソフトクリーム」といった説明が記載され、来月(2017年7月)14日(金)オープンとしています。

キュービックプラザ新横浜の3階では、今年3月末に「MMCオーガニックカフェ」が閉店しており、現時点で新たなテナントは入っていません

)本記事は読者の方からの情報提供をきっかけに掲載しました。ありがとうございます。

【関連記事】

<新横浜駅ビルに初店舗>たこ焼き・焼きそば・アイスが無性に食べたい時に(2017年8月7日、ギンダコバルのレポート)

アイス&銀だこ、新横浜駅ビル3階に初の「ギンダコバル」きょう7/14(金)開店(2017年7月14日)

キュービックプラザ、3階の「MMCオーガニックカフェ」が3月末で閉店へ(2017年3月22日)

<綱島西1>バス通り沿いに「銀だこ」の新業態、客が自ら焼くタコ焼き酒場か(日吉新聞、2017年5月23日、綱島でも「銀だこ」の新業態店)

【参考リンク】

【7月14日OPEN★】3つの有名店が集結した新業態「ギンダコバル」(バイトル関東版、7月6日まで掲載)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)