新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

綱島街道」の記事一覧

まだ間に合う「夏休み」の自由研究や想い出づくりに、身近な学びのスポットを訪れてみませんか。 横浜市港北消防署(大豆戸町、吉田崇署長)では、夏の想い出作りにと、「港北消防せなかんばっじガチャ」を実施しています。 消防署フロ …

首都高で第1号となっている「馬場出入口」に続き、来月(2022年)3月から料金所の「ETC専用化」が加速します。 首都高速道路は3月1日に首都圏の料金所5カ所で、4月1日には神奈川1号横羽線「横浜駅東口」や同3号狩場線「 …

大豆戸交差点近くの綱島街道沿いにあるホームセンターとマクドナルドが今月(2022年)1月末で同時に閉店となります。 大豆戸町にある「おうちDEPO(デポ)大倉山店」と同店内にある「マクドナルド大倉山オリンピック店」が1月 …

菊名東口駅前の再開発へ向けた第一歩を踏み出しました。商店街の有志らによる「菊名駅東口まちづくり研究会」は、今年(2021年)9月に菊名駅の利用者338人に行った駅前環境の現状を尋ねたアンケートの結果をこのほどまとめました …

菊名東口駅前に近い綱島街道の交差点がきのう(2021年)12月13日(月)から変わりました。横浜市と港北土木事務所は、綱島街道と旧綱島街道が交差する「菊名4丁目交差点」の形状を改良し、綱島街道の本線車道のカーブを緩やかに …

メダリストの「夢」かなえる大切さ、その感動を、ふるさとの街・港北区で分かち合います。 横浜市港北区役所(大豆戸町)は、先週(2021年)10月15日午後、鳥山町にある障害者スポーツ文化センター横浜ラポール(神山篤館長)内 …

神奈川県内での開催はない「パラリンピック」ですが、港北区出身選手を地元が「熱く」応援します。 きのう(2021年)8月24日(火)から来月9月5日(日)までの13日間開催予定の、“1年遅れ”で開幕した「東京2020パラリ …

売上は好調なのに撤退することになったといいます。昨年(2020年)9月に大豆戸交差点近くの菊名6丁目へ「崎陽軒菊名店」が進出し、新型コロナ禍での新たな郊外展開として注目を集めましたが、わずか半年後の先月(2021年)3月 …

地域の歴史を知り、学び、そして楽しむ――港北区の歴史、そして文化、そこに生きる人が歩む足跡を記録し、分かちあうことで、新たな未来を描こうという新連載「【わがまち港北番外編】こうほく歴史まち歩き」を、先月(2021年)1月 …

地域の歴史を知り、学び、そして楽しむには――横浜市の北部に位置し、市内で最多の人口を持つ「港北区」の過去、そして今を知り、学び、そしてそれについて語れる機会は、そう多くはありません。 港北区の歴史、そして文化、そこに生き …

大豆戸交差点近くの菊名6丁目に「崎陽軒」が出店し、きのう(2020年)9月18日(金)から「シウマイ弁当」(860円・税込)や「横濱チャーハン」(660円・同)といった弁当類の販売を始めています。 崎陽軒が「菊名店」とし …

首都高速道路と横浜市は、今年(2020年)2月27日に開業した横浜北線の「馬場出入口」で、神奈川区西寺尾の内路(うつろ)交差点側からの「入口」(ETC専用)を10月21日(水)の12時から新設することを発表しました。水道 …

港北区内の歩道橋に「ネーミングライツ」で自社名などを命名してみませんか。横浜市道路局は港北区の5箇所など市内120箇所の歩道橋を対象にネーミングライツのスポンサーを募集中です。契約料は月額2万5000円からとなっています …