港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「港北区」の記事一覧

本好きにはたまらない連続学習会「本からつながるひととまち」が来年(2017年)1月7日(土)から2月25日(土)まで、2週間に1回のペースで菊名地区センターや港北区役所などで行われます。港北区役所が企画するこの学習会では …

港北区ではこの先3年間にわたり、0歳から5歳までの乳幼児人口が増え続けるとの推計が横浜市から発表されました。横浜市内全18区のうち14区が減少すると予測されるなか、港北区だけが約600名の大幅増となり、2019年度には2 …

港北区内で認可保育所(小規模保育園含む)に希望しても入れない「保留児童」が昨年(2015年)より悪化し、1000人に近づいていることが横浜市が発表した今年(2016年)10月1日現在の資料でわかりました。区内では昨年同時 …

港北区ミズキー

港北区の独自キャラクター「ミズキー」の60種類以上にもおよぶデザインデータがこのほど(2016年11月)港北区Webサイト内に公開されました。ミズキーが笑っていたり、驚いていたり、座っていたりと普段はあまり見かけない“ポ …

「サンドアート・クラッシック」公演

港北区内で行われる芸術関連の連続イベント「港北芸術祭」(同実行委員会主催)が佳境を迎えています。これまでに太鼓パフォーマンスや中学生による演奏会、区民によるミュージカルなど多数も催しが行われてきましたが、今月(2016年 …

大雨が降って鶴見川が氾濫したら自分の家はどうなるのか――。浸水のエリアや規模などをまとめた「洪水ハザードマップ」を片手にシミュレーションしながら鶴見川を歩く「鶴見川ハザードマップ探検隊」(港北区主催)が来月(2016年1 …

港北区はこのほど、行政情報を誰もが自由に使えるようにした「オープンデータ」を初めて公開しました。今月(2016年10月)25日現在で21個のデータがあり、公共施設の一覧表が中心となっています。 オープンデータは、国や行政 …

横浜F・マリノスの富樫敬真(けいまん)選手があす(2016年10月)19日(水)に港北区役所を訪れ、「1日区長」として、区とのコラボロゴ・イラスト披露や庁内の視察、館内放送によるあいさつなどを行うことがわかりました。 富 …

横浜市教育委員会は、このほど今年(2016年)5月1日現在の市立小中学校などの状況をまとめた「市立学校現況」の2016年度版を公開しました。これによると、港北区では在籍する児童数が市内でも“ほぼトップ”の数なのに、他区と …

公園や自宅で“気軽に”球根を植えて、花咲く春の訪れを待ってみませんか――横浜市港北土木事務所(大倉山7)は、2016年9月14日(水)13時30分から15時30分まで「公園愛護のつどい」を港北公会堂(大豆戸町・大倉山駅よ …

ベビーステーション

おむつ交換や授乳のスペースを無料で提供――。港北区独自の取り組みである「ベビーステーション」が今月(2016年9月)1日から新たに35施設が加わり、区内77カ所にまで大幅拡大しました。 乳児と外出する際にも、おむつ交換や …