港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「港北区」の記事一覧

今年で3年目となる港北区の商店街体験イベント「こうほくの商店街 親子で商店街を楽しもう」(港北区主催)で、妙蓮寺と小机の商店街で小学生と保護者を対象に、ものづくりや店舗での仕事などを体験ができる企画が来月(2018年7月 …

港北区は小机駅近くにある「城郷小机地区センター」(小机町)の実際の運営を担う指定管理者の公募を今月(2018年6月)29日まで行っています。 指定管理者は、市などの行政機関が開設した公的施設の運営を民間企業や団体などが担 …

65歳以上の割合が全人口の2割以上を占める「超高齢社会」を迎えるなか、港北区内では病院へ入院することが他区と比べより厳しい状況にあります。人口10万人当たりの病床数が周辺ワーストの状況です。 一方で診療所(クリニック)や …

港北区内の幼稚園や保育所の情報を網羅した「幼稚園・保育園ガイド」が今年も今週(2018年5月)31日(木)から区内書店などで販売が始まります。“子育て世帯のバイブル”とも言われ、19回目の発行となる2019年度版では、港 …

港北ボランティアガイドは、港北区に接している神奈川区や鶴見区との“区境”にある丘陵や谷戸(やと=谷状の地形)を巡るというユニークなウォーキングツアーが来月(2018年6月)2日(土)午前に開かれます。 当日は9時30分に …

人口が毎年増加を続ける一方で、道路や保育所などの公共インフラ整備が遅れ気味な港北区ならではの結果でしょうか。横浜市政策局が今年(2018年)3月28日に公表した「市民意識調査」では、横浜市政に対する港北区民の満足度は市内 …

港北区内の待機児童数は今年(2018年4月)1日現在で15人であると横浜市が発表しました。待機児童の定義は昨年(2017年)10月の集計から見直され、育児休暇中で復職意思のある親の子が認可保育所に入れなかった人の数も含ま …

【法人サポーター会員による提供記事です】確定申告から相続、起業や不動産まで相談内容が多様化しているといいます。日吉駅東口から徒歩5分の綱島街道沿いに「澤口税務会計事務所」が移転オープンしてから先月(2018年4月)で1年 …

港北区に住む男性が全国21位の“長寿”であるとの結果が厚労省から発表されました。これは2015(平成27)年の平均寿命を市区町村別にまとめた「平成27年市区町村別生命表」によるもので、港北区は「男性82.2歳」「女性87 …

日吉から大倉山、新羽、師岡など港北区の歴史を学ぶ全6回の公開講座「もっと知ろう わがまち港北」(港北区主催、港北ボランティアガイド企画)が今月(2018年4月)27日(金)から始まります。10月までかけて行われる講座は、 …

港北区の人口は今から約半世紀後も大きく減らないと予測されています。横浜市はこのほど、2065年までの人口推計を発表しました。これによると、「相鉄・東急直通線」が開通(2022年10月~2023年3月を予定)した後の202 …

日産スタジアムは、2018年シーズンも横浜F・マリノスのホームゲーム5試合へ港北区民を招待する取り組みを行います。第一弾として樽町・大曽根・大曽根台・師岡町・大倉山の各町内への在住者を対象に、小中学生と大人のペア50組1 …