港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「港北区」の記事一覧

目前に迫ったラグビーワールドカップ(W杯)と来年夏の東京2020オリンピックでテロを防ぐには“地域の眼”がもっとも大事――。 港北区内の行政や団体、企業など120社・団体で結成された「オール港北オリンピック・パラリンピッ …

横浜市の外国人人口が先月(2019年4月)末時点で10万人を超えたことが市から発表されました。このうち、港北区には6745人が住民基本台帳に記載されており、区内でも順調に増えています。 374万7967人(5月1日現在) …

開館から40年が経過した「港北公会堂」で、館内設備のリニューアルを求める要望が却下されました。 来館者や利用者団体などからの要望を受け、港北区が横浜市市民局に座席の更新やトイレの洋式化などを行うための予算措置提したところ …

2019年の「住みたい街(駅)ランキング(関東編)」でも前年に続き新横浜が順位を上げました。リクルートの住まいカンパニーがきのう(2019年)2月28日に発表した恒例のランキングは、昨年初めてベスト100に登場した新横浜 …

新横浜公園で早春の生きものを観察してみませんか――。港北区は環境学習活動として継続して行っている「港北水と緑の学校」の一環で、来月(2019年3月)9日(土)午前に体験イベント「新横浜公園で早春の生きもの観察」を開きます …

“住み心地の良い街(駅)ランキング”の100位までに、港北区内から入ったのは64位の大倉山だけでした。首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)に居住する6万1319名を対象に行われた「いい部屋ネット 街の住みここちラン …

空から「ドローン」で撮影する映像は、どこまで緊急時に役立つのでしょうか。横浜市港北区は、先週(2019年)1月11日午前、無人航空機「ドローン」による空撮事業を手掛ける新横浜2丁目の株式会社エムテックスと、市内18の行政 …

1939(昭和14)年に神奈川区から分離する形で「港北区」が誕生してから今年(2019年)で80年。記念するロゴマークが今月(1月)から公開されたほか、記念映像や記念誌の作成、新横浜では式典も行われます。 横浜市が5区で …

大雨対策に効果的と言われる花壇「レインガーデン」が新横浜駅前公園のF・マリノス通り沿いにこのほど設置されました。新横浜町内会と港北区が協定を結んで設けたものです。 このレインガーデンは、周辺の雨水を土に浸透させることで周 …

恒例となっている福祉保健の祭典「港北ほくほくフェスタ」(港北区、港北区社会福祉協議会など主催)が今週(2018年11月)2日(金)に港北公会堂と港北区役所で開かれます。 「港北区社会福祉大会」の単独開催時代から数えると3 …

1 2 3 4 5 6 8